50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

まず、第一に約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単にやぶられてしまうものなんです。特に若い子の世代では、そういった傾向が強いように感じます。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは…その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

それも、いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

お年寄り=機械に弱い、というのは確かに大多数がそうではありますが、中にはそうでない人もいるわけですね。出会い系を利用するだけなら何もスマホである必要はなく、昔ながらのガラケーでも十分に出会い系は利用できます。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの…。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら…と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、私だって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

人妻と仲良くなってセックスするための訓練

人妻と仲良くなってセックスするためには、相手の会話のどこに反応すればいいのかを訓練する必要があります。

たとえば、人妻が

「夫と子供のぶん、毎日4つもお弁当を作っているの」

という話をしているのに、

「へぇ。お弁当ってどんなお弁当?」

なんて聞いてはいけません。

彼女が聞いてほしいのは、「4つも」の部分ですね。たくさんのお弁当を作るから大変だということをわかってほしいんですよね。

あなたが何を話したいのかは関係がありません。

あなたは人妻とセックスをしたいんですよね?

人妻とセックスをしたいなら、人妻を喜ばせる必要がありますね?

人妻はどんな時に喜ぶと思いますか?

それは、人妻が話したいことを話している時なんです。

誰だって、聞くより話すほうが好きです。

さらに、話したいことを話せる人を好きになるんです。

そして、好きになった人とセックスをするんです。股を広げるんです。

人妻が言ったことにどう返答するか。メールだったらどう返信するか。

それが、人妻とのセックスの成否をわけるのです。

出会い系サイトでの人妻攻略は、普通の女の子の攻略よりも簡単です

まず最初に、出会い系サイトでの人妻攻略は、普通の女の子の攻略よりも簡単です。

なぜかというと、「相手が求めている」からです。

通常の出会い系サイトには、学生から社会人まで幅広くいます。ということは、興味本位で出会い系に登録した人もたくさんいるのです。

かたや人妻は、「夫がいるけど出会いたい」「愛人がほしい」といった、癒しを求めています。

だから、通常と比べると出会える確率は非常に高いです。

そんな人妻とどのように出会うのか。

出会える確率がさらに上がるテクニックを伝授します。

基本的に2通りの女性が登録しています。

「夫の不満を聞いてほしいタイプ」の女性と、「夫の話はしたくないタイプ」の女性です。

それぞれの女性に対して、適切な応対をすることで出会える確率がアップします。

ちなみにですが、どちらのタイプの方が出会いやすいとか、そういったことはありません。

どちらの女性もきちんと対応することで出会えることができます。

さて、それでは具体的にどんな応対が良いのか説明していきます。

夫の不満を聞いてほしいタイプ

こちらのタイプの女性の対応は意外と簡単でシンプルです。二つの手順に沿って対応をすれば、好感を得ることができるでしょう。さて、一つ目の手順は、「夫の話に持ち込む」ということです。

難しそうに聞こえますが、実はそこまで大変でもないです「趣味は?」「普段はどんな仕事してるの?」とか、ありきたりな会話をしてみてください。夫の不満や愚痴を言いたい相手なら、相手の方から話してきます。

二つ目の手順は、「不満や愚痴を丁寧に聞く」ということです。

ただ「はいはい、そうだねー。分かるよ!」と 聞いていても、相手は話した気になりません。不満の理由をちゃんと聞いて、それに対して肯定的な意見を出してあげることが大切です。

「そんなことがあったんだー、大変だね。やっぱり自分のことを考えてほしいよね。」といった感じです。

女性は自分の気持ちを分かってほしいのです。

まとめますと、

  • 楽しい他愛もない話をして和ませる
  • 機会を伺って相手から夫の話をさせるようにする
  • 不満や愚痴に対して肯定的で相手の言いたいことに合わせて話をする

以上コツを意識して連絡をしてみましょう。

夫の話はしたくないタイプ

もはや難易度は無いに等しいです。前提を思い出してください。

出会い系サイトは、「夫がいるけど出会いたい」「愛人がほしい」といった人しか登録しません。

夫の話をしたくない人が相手ならば、「出会いたい人と連絡をしている」と思えばいいのです。

ただし前者同様、女性は自分の気持ちを分かってほしいのです。肯定的でやさしい聞き手に徹しましょう。

もちろん、あなたのことを聞かれたら、相手に合わせて答えてあげてください。

まとめますと、

  • 特別夫のことは意識せずに話す
  • 夫を気にせず楽しみたいので、相手の好きな話題で盛り上げる

以上のコツを意識して連絡をしてみましょう。

これで相手に合わせてどのような対応をすればいいのかが分かりました。

後は実践あるのみです。気になるお相手に、連絡を取ってみてはいかがでしょうか?

ほとんどの人妻は会えばエッチしちゃいます

テレビ番組に出てくるタレントに人妻好きというのが目立ってくるようになってきました。

芸人に限らず、書店の成人書コーナーに行けば、人妻モノの本や雑誌がたくさん出ていますし、ビデオ、DVDも「人妻」は大きなジャンルとなっています。 それほど、世の中の男は、人妻が好き。 私も人妻が大好きです。

そんな人妻の攻略法を、当サイトでは書き綴っていきます。

人妻の魅力・優しさ・包容力がたまらないという方はぜひ当サイトを詳細にごらんください。

セックスを我慢して、女である部分を殺してきたので開放されたがっている人妻は多くいます。

そういう女性なら本当に出会いは簡単ですよ。

ほとんどの人妻は会えばエッチしちゃいます。

最初は興味本位でも、ほとんどの人妻たちは出会い系で男性と会っちゃえばエッチしちゃいます。これは、経験上、ほぼ100%です。

もちろん、男性側は100%したいわけですから、需要と供給が完璧に一致していますね。私が、出会い系サイトを始めた頃、想像以上に人妻の利用率が高いなぁと驚いた記憶があります。

出会い系では人妻を狙わなければ損ですよ。人妻の場合、会ってしまえばエッチまで持ち込むのは比較的容易です。最大の難関は、メール交換が始まるまでではないでしょうか。まぁ、これは、人妻に限ったことではないですが。

エッチな人妻なんて本当にいるの?

もう長いこと生きているけど、エッチな人妻になんてお目にかかったことがない……本当にいるの?とお思いの男性は多いことでしょう。この目で見てみないと、なかなか信じられませんよね。AVやドラマの世界では淫乱人妻なんてのは珍しくありませんが、いざ目の前で見たことがあるか? といえばNoな人が大多数なことでしょう。

でもそれは、あくまで一般的な日常生活をしている場合に限ります。なぜエッチな人妻と出会えないかといえば……それは気づいていないだけです。あなたはすでに何十、何百人もの隠れエッチな人妻と会っているはずなのですから。

そもそもエッチな人妻かどうかが判別するときっていうのは、いざ人妻と二人っきりになってエッチなシチュエーションになったときだけですよね?でも普段の生活で人妻とエッチな空気になることどころか、そもそも他人の妻と二人っきりになることすらまずあり得ません。それはそういう社会なのですから当たり前です。

エッチな人妻を見つける方法

エッチな人妻がいることはわかったけど、それをどう見つければいいの? なにも女性全員が不倫願望をもってるわけじゃないんだから…と、いう指摘はごもっともです。でも、そこにこそ答えがあるのです。

なぜかといえば、出会い系サイトには不倫願望を持つ人妻しか集まっていないからです。これは断言できますが、人妻でありながら出会い系サイトに登録するような女性は100%確実に不倫願望を持っています。セックスをしたいと思っています。そうでなければ、登録する理由がありませんからね。

つまり誰に声をかけても確実にエッチな人妻であることが保証されている、それが出会い系サイトなのです。

人妻セフレとのセックスの注意点

人妻というのは普通の独身女性とは全く違った意識で会わないといけません。

「人の妻」なのですから、バレないために安全第一を心がけなければならないのです。

そこのところの気遣いができずに、あれこれとこちらのわがままを言うようでは「この人は大人のマナーがなってない」と思われて切り捨てられてしまうかもしれません。せっかくいい関係まで持ち込んだのにそれでは浮かばれませんからね。

相手の都合や事情をきちんと尊重してあげて、安全と安心を確保してあげたうえで存分にエッチに没頭してください!

お金を必要以上にケチらないようにしましょう!

もちろんお金というのは大事です。余裕がある人ならともかく、湯水のごとく使っていたらすぐに大金が溶けてしまいます。だからといって、必要最低限のような形でケチケチしていたのでは、逆に損をしてしまいます。

女性というのはそういう気配に敏感で、余裕のある人に惹かれがちです。なので表向きだけでも、余裕あるような芝居をしておきましょう。

ちょっとアブノーマルなプレイもいかが?

人妻が出会い系に何を求めているかといえば非日常感です。いつもの退屈な日々を変えたいという心理ですね。

でも出会い系に少し慣れてきた人妻は、出会いに対して鈍感になってきます。もはや会えるのが日常になってしまうということですね。

そういった人妻にはちょっとアブノーマルなプレイを提案してみるのがおすすめ!

ソフトSMから変わった場所でのエッチ、もしくはオモチャで遊んでみるなどいろいろあります。

ふーん、ちょっと興味あるから次はこの人と会ってみようかな?と思ってくれるかもしれません。

人妻と楽しむならノーマルよりもアブノーマルが断然オススメです。

SMなんかはいきなりやれないし…というのであれば、コスプレなんてのも案外盛り上がったりするものですよ。特にセーラー服なんかはおすすめですね。最初は嫌がりますが、着たら着たでまんざらでもなくなるようです。

もし、お相手が母乳が出る状況なのでしたら、それを利用しない手もありません。ほんとにおっぱいを吸って飲むのもありですが、そのフリをするだけでも楽しいものです。案外そこからハマってしまって幼児プレイに走る人も…いるとか、いないとか。

さらなるセックス攻略テクニックは「変態セックスを望む50代熟女たち」をごらんください。

人妻だって求めている

そもそも人妻だって求めているんです。

何処かに連れ去って欲しいんです。この退屈な日常から、刺激的な非日常へと……。あとは貴方がそっと、手を握ってあげるだけなんです。

秋や冬がオススメ

特に秋や冬といった季節はよりセンチメンタルになるようですね。こちらも「人肌恋しくて…」なんていえば、向こうも親近感を覚えてくれるものですよ。

日常生活においても、そういった欲求不満な人妻の片鱗を感じる場面があります。スーパーの野菜売り場などでも、きゅうりやナスをじっと見つめる人妻にエロスを感じることは少なくないでしょう。

貴方が思っている以上に、欲求不満を抱えている人妻は多いんです。

私の人妻セックス

先週もわたしは、人妻とセックスしてきました。

待ち合わせて、お茶をしながら今までの男性経験から、最近の事とか話しました。最近はご無沙汰だって言ってました。出会い系で会ったのは初めてだそうなので、僕も初めてという事にしておきました。

その後はホテル。恥ずかしがり屋らしく別々にシャワーを浴び、首を舐めて乳首を舐めて、色んなところを舐めたら、けっこう感じてました。

やっぱり途中で僕の下手さに物足りなくなってきたのか上に乗ってきて、オッパイをこすり付けてきました。このオッパイがとても柔らかくて今まで会ってきた中で一番でした。

彼女はフェラしてくれて僕はもうビンビン!! ゴムつけて正上位で挿入。最後は抱き合いながら正常位でフィニッシュ!!

気が慣れたみたいで、その後はイチャイチャしながら一緒にお風呂に入って、もう1ラウンド。

家に帰ってから、あのオッパイの柔らかさを思い出して抜いちゃいました(笑)

人妻セフレ製造のためのメール交換の7箇条

人妻セフレ製造のためのメール交換の7箇条をまとめました。

メールの内容はできるだけ具体的に

ファーストメールで「はじめまして!」だけではなく、「はじめまして!○○在住です!一度お食事でもして、気が合えばお付き合いしてください!趣味は○○です。あなたは?」と、会話が続くようにメールをしてみましょう。

具体的に書けない女はサクラ。地元トーク・スポットなどの話題を振って反応を見る

サクラの特徴として、あまり地理に詳しくないことが挙げられます。わざと地元の話を振ってみたり、カマをかけてみましょう。ただし、本物の女性でも本当に地理に詳しくない人がいる

メールの返事が遅い場合は、自分から催促することを忘れずに

様々な理由でメールが遅れることもありますが、そのままではせっかく決まりかけた話が流れてしまう可能性もあります。必ずメールの催促をするようにしましょう。

逆に催促された場合は、本物の可能性が大。過度な催促はサクラ注意報(決めつけ厳禁)

上記の理由で、逆に催促された場合は本物の女 性の可能性が大。サクラはメールのしてこない男性に興味はありませんので、すぐに次の相手を探しはじめます。貴方に固執するということは、本物ということなのです。

すぐにサクラと断定しない。相手にも色々な事情がある。相手本位で話を進める

サクラであるとむやみに断定してしまうと、たとえ相手が本物でも全て終わってしまいます。また、相手に与える痛みは計り知れないものになるでしょう。電波の向こう側には、人間がいることを忘れないようにしてください。

器の大きさを見せる。何でも許す・受け入れる

何でも許しましょう。何でも受け入れましょう。器の大きな人間は、それだけ魅力的なのです。

予定を決めたからといって、メールをしなくなるなどの行為は厳禁

予定を決めて「また前日か当日にお話しましょう」なんていうのは最低の行為だと頭に入れておいてください。会う話を決めてからが本番。ドタキャンされることが多いと出会い系利用者の多くは語りますが、ほとんどがこういった態度が原因でお断りされているようです。

出会い系サイトでは人妻のほうが出会いやすい

普段の日常生活で一対一で人妻を出会えることは大変困難ですが、出会い系サイトを利用すれば手軽に出会えます。

出会い系サイトには独身の若い女性や人妻など様々な女性が登録しています。

男性の利用者はプロフィールを作成して女性にアピールするわけですが、独身の若い女性と出会える確率より人妻のほうが出会える確率が高いです。それは独身の若い女性は冷やかしで登録していることがあったり、あまり男性との年齢が離れていると敬遠しがちだからです。

人妻が出会い系サイトに登録する理由はそれぞれですが、旦那さんに不満がある、旦那さん以外の男性とも関係を持ちたいなどが結構多いのです。こういった理由のために人妻のほうが狙い目と言うわけです。

人妻を探す出会い系サイトを選ぶ際には、長年運営され続けているサイトのほうが安心です。会員数が多ければ多いほど選択肢が広がるので出会いやすくなります。

人妻にメッセージを送ると独身の若い女性よりも返信が来ることが多いです。メッセージを送る場合は人妻は結婚しているのに相手にしてもらえるのだろうかという不安を持っています。そこで人妻と出会いたいという内容でアピールすると良い結果に結びつくことが多いです。

出会える可能性が高いとはいえ、人妻は仕事をしていたり子育てや家事に追われていることが多く、日程を調整するのが難しいことが多いです。男性側の都合ばかりを言っていては直接出会える可能性が低くなってしまうので、出来るだけ毎日忙しくしている人妻の都合に合わせることが大切です。自分に自信のある人妻は出会い系サイトに登録することが少ない傾向があります。

あまり自分に自信のない人妻が登録していることが多いので、出来るだけほめ言葉を準備しておくと良いです。しかし人妻と関係を持つことは旦那さんにバレてトラブルに巻き込まれる可能性があります。

旦那さんにバレた途端に強引に誘われたと言われかねないです。そういったリスクを承知したうえで人妻と出会う事が大切です。

人妻セフレとのデートのすすめ

いくら人妻が刺激好き=セックス好きとはいえ、ひたすらセックスを繰り返すだけではそれこそマンネリ化になってしまいます。

会うたびにセックスセックスではこちらもあちらも多少味気ないというもの。せっかく人妻が相手というスパイスを持っているのですから、パターン化して味を薄めてしまうのはもったいないですよね。

たまにはごくごく普通のデートをしてみることをオススメします。昔のAVというものは、最初にちょっとしたインタビューみたいなものがあって、そのまますぐにセックスをおっぱじめるものがほとんどでした。

確かに見たいのはセックスシーンではあるのですが……何だか即物的というか、味気ない部分もありましたよね。ところが、いまのAVではまずごく普通のデートシーンを撮ってから、セックスシーンに移るものが多くなっています。

これはこれで、さっさとセックスシーンが見たい人にとっては邪魔でしか無いとは思いますが、個人的には大好きなんです。ごく普通のかわいい女の子が、洋服を楽しそうに選んでいたり、遊園地ではしゃいでいたり、ご飯を美味しそうに食べていたり…そういった素の人間らしい部分を見てからの、セックスシーン。これなんですよこれ。同じセックスシーンを見るにしても、興奮度と有り難みが全然違うんです!

セックスに至るまでの経緯が、そのセックスの価値を上げる

思えば昔のAVにおけるインタビューも、同じ効果を狙っていたのかもしれません。あっちは絵的に地味すぎて耐え切れませんでしたが…(笑)同じような効果として、あの芸能人がAVデビュー!というのも何だかありがたみを感じませんか?グラビアやTV番組、ドラマなどで一生懸命頑張っていたあの彼女が、AVに出て全てをさらけ出し、オマンコをおっぴろげて、男優のちんぽをくわえている…。いきなりAV女優としてデビューした超美人よりも、そういった事前 の活動があるそこそこの美人のほうが何だか興奮しますもんね。

最近では元AKBが!なんてのが何度かありましたが、それはその最たる例といっていいかもしれません。なのでセックスそのものの価値を上げるためには、ごく普通のデートや付き合いをしておくことが盛り上げに一役買うわけですね。

つまり…人妻とは、ごく普通のデートをすればいいんです。何もあれこれきっちりと事前に人気のスポットやレストランを調べたりする必要はありません。普通に映画を観に行ったり、動物園や博物館に行くのもいいでしょう。そんな工夫のないデートでいいんです。あくまで、デートはその後のセックスを盛り上げるためにあるわけですからね。そこに力を入れる必要は余りありません。もちろん、力を入れる余地があるのなら入れるだけ入れましょう。そうしてマイナスになることはひとつもないですからね。

ちょっと変わったデートをしたいなら

個人的にお勧めしたいのは、ちょっとした少旅行気分を味わうことですね。もし都内にお住まいなのでしたら、箱根に日帰り温泉に行ってみるとかがけっこういいですよ。新宿から1時間半ほどで箱根にいけますし、旅館に泊まらなくとも温泉施設を利用することはできますからね。その際は、あえて相手には何も伝えず、何も準備させずに普通のデートだと思い込ませて誘いましょう。

これからどこにいくの?と聞かれても「ちょっといいところに行こう」なんてはぐらかしておくのもいいですね。「どこに連れて行ってくれるんだろう?」とあれこれ期待している中で小田急線の改札を通り、目の前に箱根ロマンスカーが止まっていて、それに乗車した時に全てを察しますからね。すごい!これから温泉に連れて行ってくれるんだ!と。女性はいくつになってもこういったサプライズが大好きなんです。

ごく普通のデートテクニックみたいになってしまいましたが…(笑)それでもやっぱり、昔から不倫と温泉旅行ってのはひとつのセットみたいなところがありますからね。それは小説でも、ドラマでも定番となっていて、不倫相手と温泉旅行というものは、ある種の憧れみたいな部分もあるわけです。日帰りとはいえ、それを味わえるわけですから、ひょっとしたらセックスよりも刺激を味わっているかもしれません。

もちろん、男性側としてもセックスと温泉の両方を楽しめるわけですから、単に高級レストランなんかに行くよりもよっぽどいいお金の使い道ですよね。

人妻は、アブノーマルなセックスを求めていることが多いです

人妻がなぜ出会い系を利用するか?といえば、それは刺激を求めているからなわけです。

刺激的だから、人妻はセックスをしたがるわけです。つまり人妻が求めているのは、セックスそのものというよりも、刺激的な行為というわけですね。

セックスが刺激であるうちはいいですが、そのセックスから刺激を得られなくなったとしたら……つまりマンネリ化してしまい、退屈なものになってしまった時、人妻というのは興味を失ってしまい、より刺激的なものをまた探し始めてしまうのです。つまり、他の男を探し始めてしまうのです。

こっちも飽きてきた段階であれば、都合がいいともいえるのですが、まだまだその人妻と愉しみたかった場合は悲しいですよね。実質、あなたからはもう刺激が得られないという死刑宣告みたいなものなのですから。男としても、なんだか悔しく感じてしまいます。

そんなケースを避けるためにも……もしくは、最初から絶大な刺激を与えてその人妻を虜にさせるためにも、ここではアブノーマルセックスのすすめをお送りしたいと思います。

一口にアブノーマルセックスといっても、ソフトからハードまで様々です

まず、相手がこれまでほとんどノーマルなセックスしかしてこなかったのであれば、絶対にソフトから入ってください。ハードSMはソフトSMの上位互換というわけではなく、まったくの別物なのです。ソフトSMが好きならイコールでハードSMも好きという式は成り立ちません。完全に住み分けができているものだと思っていてくださいね。

そして、もし相手がいきなりハードSMを求めてくるような熟練した人妻であれば…こちらが初心者であった場合、手に負えないことが多いです(笑)相手が教えたがりであったり、育てることに楽しみを見出す人であれば付き合ってみるのも面白いかもしれませんが、多くの場合はセックス観のギャップによる距離感を感じてしまうことでしょう。なのでここでは、あくまで相手がノーマルであり、ソフトSMから始めてみるというケースを想定しています。

では、ソフトSMと聞いてまずなにを思い浮かべるでしょうか?それは目隠しプレイだったり、手や足を軽くしばる緊縛プレイであったり、ローションやバイブなどを使ったプレイであったり、コスプレをさせてのプレイだったりと…様々かと思います。事実、それらのすべてはソフトSMプレイと呼ばれるジャンルのひとつになっています。ソフトSMプレイというものは、かなり間口が広いプレイなのです。

どれも気軽に始められるものではあるのですが、その中でもおすすめしたいのは「目隠しプレイ」ですね。緊縛プレイは慣れていないと変な縛り方やきつすぎる縛り方をしてしまい、怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれませんし、ローションやバイブ、コスプレなどは事前にモノを準備する必要があります。ですが、目隠しプレイというのはかなりお手軽に始められますからね。それこそ布一枚…ハンカチやタオル、もしくはその場でつけていたネクタイなどでも十分なのです。

お手軽なのに、効果な絶大な目隠しプレイ

目隠しプレイを体験したことがない人は、目の前が真っ暗になるだけなんでしょ?と、かなり軽んじてしまう傾向にありますが…実際、目隠しプレイというのはそのお手軽さからは考えられないほど、大きなリターンがあるプレイなんです。

まず、人間というものは視覚に大きく依存している生き物です。人間の五感としてあるものは

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」

の5種類がありますよね。ではもし、その中の一つだけを失ってしまうとしたら…まず何を選びますか?

この質問をした場合、その答えは様々だと思います。ですが、多くの人は「嗅覚」や「味覚」、あるいは「聴覚」などを選ぶのではないでしょうか。まず第一に「視覚」を失ってもいい、と答える人はかなり稀でしょう。実際、人間とは視覚に多くを頼っている生き物なんです。

では、もし視覚を失ったとしたら…

という体験が出来るのが、この目隠しプレイなわけです。みなさんも一度くらいは夜にブレーカーが落ちてしまったり、突然の停電が発生したとき、手探りでドアを開けたり廊下を歩いたりした経験があるかと思います。そのとき、普段住み慣れているはずの部屋なのにとても不安に感じませんでしたか?別に暗くなったからといって、誰かが襲ってきたりするわけでもないのに、早く電気を付けたい!安心したい!という気持ちが強くあったと思います。

人間というものは、本能として闇を恐れるようにできているわけですね。これはまだ火を扱うことさえ出来なかった太古の時代より受け継がれているものなのかもしれません。人は目の前が真っ暗になった時、まず不安を覚えます。そして視覚から得られる情報がなくなった代わりとして、少しでもより多くの情報を得ようとして、残された感覚器官がより鋭くなるという副次的効果もあるのです。

目隠しプレイにおいては、この「他の感覚が鋭くなる」という部分がポイント!なかでも触覚というものは、普段からは考えられないくらい敏感になるものです。もし不意に目の前が真っ暗になったら、まずは手を伸ばして周りに何か触れるものがないか?という確認動作をしますよね。視覚を失った場合に、まず頼りになるのは触覚なわけです。

では、それくらい敏感に鋭くなった触覚な状態で、普段通りの愛撫をしたらどうなるか?それはもう、普段と同じとは思えないくらいに感じてしまうんですね。たかだか布一枚でここまで激変してしまうのですから、人間というものは面白いものです。

もっとも、ただ目隠しだけをつけてハイいつも通りね、というのではその効果も半減してしまいます。

目隠しプレイをより引き立たせる工夫というものが必要になってきます。

目隠しプレイを盛り上げるための工夫

それは、相手を不安にさせる、ということですね。もっとも度合いがありますので、不安にさせすぎてもいけませんが、安心させすぎてもいけません。一体何が起きているのか、見えないからわからない…というちょっとした不安を煽る状況を作り出すのです。

例えば、不意に触れるのをやめて微動だにせず気配を消してみましょう。相手からしたら、ほんとにその場からこつ然と消え失せてしまったように感じるのです。当然、相手はあなたを探し始めます。手を伸ばして手探りであたりを確認しだすかもしれませんし「ねえ、どうしたの?どこにいるの?」と声を発して問いかけてくるかもしれません。

それでも、そこはあえて無視。1分ほどは完全に放置してみましょう。その慌てふためく様子を観察するのも、愉しいものですしね。ただ、ここで放置しすぎて本当に不安にさせてしまうのもいけません。明らかに本当に怖がってしまう前に、戻ってあげましょう。そうすることで相手の声や体温を再び感じることができ「帰ってきてくれた!」という安心感を与えることが出来ます。

戻り方にしても、いきなり抱きしめてみてもいいですし、まずはそっと息を吹きかけて期待感を煽ってみるのもいいでしょう。どちらにせよ、少しでも相手の気配を感じようとした結果、感度は相当に上がっていますので愛撫するチャンスですからね。普段のノーマルなセックスでは決して見ることができなかった、身体を震わせて全身でビクビク感じる姿を目にすることが出来るかもしれません。

目隠しを許すのは、信頼の証でもあります

そんな至れり尽くせりに思える目隠しプレイですが、出会い系で会ったばかりの男女がすぐ行うにはリスクもあります。もし相手が悪意を持った人であった場合…それは男性でも女性でもどちらでも、何をされるかわからない、何をされてもおかしくない状況になってしまうからですね。

よくある話としてはホテルに女性を連れ込み、先にシャワーを浴びてきてと言われたから浴びて出てきたら、財布を盗まれて逃げられていた…なんてのがありますが、目隠しもそれと同様のことが出来てしまいます。最近であれば、カメラが携帯に付いているのは当たり前ですし、アプリによってはシャッター音なり録画開始音なりを消すことが可能ですので、目隠しされている間に写真や動画を撮られてしまうかもしれません。

目隠しだけならまだしも、もしそこから手足まで縛られてしまったら…そこから、凶悪な犯罪に発展してしまう可能性だってなくはないのです。なので目隠しプレイを提案する場合は、ある程度親しくなってからがいいでしょう。提案された場合も同様です。それなりの信頼関係を築いてからのプレイをおすすめします。