50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

まず、第一に約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単にやぶられてしまうものなんです。特に若い子の世代では、そういった傾向が強いように感じます。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは…その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

それも、いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

お年寄り=機械に弱い、というのは確かに大多数がそうではありますが、中にはそうでない人もいるわけですね。出会い系を利用するだけなら何もスマホである必要はなく、昔ながらのガラケーでも十分に出会い系は利用できます。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの…。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら…と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、私だって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

簡単に人妻セフレが作れるようになった理由

言葉というものは恐ろしい。

その状態を意味する言葉が作られることで「あ、これはみんなもやってるんだ」と安心し、一気にその状態が広まることがあります。最近の例でいえば「草食系男子」と「肉食系女子」ですね。

草食系男子という言葉は男が受け身でいることも許されるという風潮を生み出し、肉食系女子という言葉は女も積極的に求めていいという風潮を生み出しました。

その結果、どうなったかというと……。

明らかにインターネットの出会い系では雰囲気が変わりました。自ら出会いを求めるのが「はしたない」とされていた風潮がなくなり、女性の出会い系サイトへの登録と活動が急増したのです。

肉食系女子という言葉が流行り始めたと同時に、テレビではそれを取り上げ始めて、さらにはドラマ化までされて、それが当たり前であるどころか、時代の最先端でありカッコイイというような風潮さえ生み出しました。更にそのドラマの内容がセフレ関係をテーマにしたものだったため、ドラマの中の主人公に憧れるような気持ちで、セフレという関係に憧れる女性が一気に増えたのです。

この点、すぐドラマや雑誌に感化される女性の単純さには感謝しないといけません(笑)

もちろん全ての女性がセフレに肯定的というわけではなく、むしろまだまだ少数派ではありますが、確実にそういった層は今もいます。であるなら、その層を狙い撃ちすれば簡単にセフレが作れるのです。

つまり、セフレを作るコツは、セフレ願望があるかどうかの見極めにあります。

はっきり言って賢い女性、そうでなくても普通の女性はセフレという関係に嫌悪感を抱きます。当然かもしれませんね。ただ、出会い系に登録するような女性は…あまり賢い女性や普通の女性はいません(笑)女性全体でセフレを許容する人はおそらく20%にも満たないでしょう。ですが、出会い系に登録するような女性は、そのほとんどが残りの20%の「賢くない女性」なのです。

この前提を知っているといないとでは、大違いになりますよ。

そんななかでも、はっきり言って、人妻とセフレになるのは超簡単です。未婚ならまだしも、すでに旦那がいる状況で出会い系に登録しているということは「そういった出会い」を求めているとの看板を掲げているようなものです。

ただ、ここで気を付けたいのは「セフレになろう」と直接言ってはいけないということ。

この部分は暗黙の了解として、表には出さないほうが賢明です。結果的にセフレという関係になっていた、というのが女性の理想らしいのです。正直、面倒くさいですね(笑)

ただそれを意識することで成功率が跳ね上がるのは私の経験からいっても確実です。

人妻女性を落とし自分のものにするための6つのテクニック

出会い系サイトを利用している人妻は欲求不満なため、比較的簡単に出会う事ができ、肉体関係もっていきやすいんです。

とはいうものの相手も人生経験豊かな女性。10代20代の若い女性を落とす感覚で接してしまうと、呆れられすぐに別の男性に乗り換えられてしまうことももちろんある訳です。

そこでここではそんな脂の乗った人妻女性を落とし自分のものにするための5つのテクニックをいくつかご紹介していきます。

1.人妻は「女性」としてあつかう

出会い系サイトで人妻を落とすうえで、まずたいせつなのは人妻を一人の「女性」としてあつかうことです。

出会い系サイトを利用する人妻は、たんに性的欲求を満たしたい願望だけでなく、もう一度女性として扱われたい願望を持っています。とくに結婚からだいぶ経っている30代、40代以上の人妻の場合、もう一度独身時代のように女性としてあつかわれたい感情をいだきやすいのです。

このため人妻を落とす場合は、相手を人妻として扱うのでなく、一人の女性、女の子として扱う事がポイント。少しおしゃれなお店で食事をする、ドライブデートするなど独身女性の頃の感覚を思い出させるような楽しみを提供してあげてください。そうした方が長く関係を続かせ易いです。

また家庭の話、子供の話、家事の話など人妻や主婦を連想させる話はできるだけ控えるのがよいです。会話一つにしても私生活を忘れられ女性であることを思い出せるような話題にするのがポイントです。

2.草食系と肉食系を演じ分ける

人妻の好みは大きく2パターンに分かれます。一つはウブで可愛らしい草食系の男性。もう一つはグイグイひっぱてくれる頼りがいのある肉食系の男性。人妻の場合、このどちらからのパターンに好みが極端に偏る傾向が多いですので、相手の好みに合わせた自分を演出する事が一つのポイントとなります。

相手の女性がどちらのパターンを求めているかは人それぞれですので一概には言えませんが、一つの目安として若い男性であれば草食系、年上の男性であれば肉食系がウケる傾向があります。もし自分が相手の女性より年下で若く、見た目も可愛らしい感じであれば敢えて草食系に徹してみるのが良いかもしれません。逆に自分が相手の女性より大分年上であれば、包容力や大人らしさを醸し出し肉食系に徹してみるのがよいでしょう。

3.人妻との会話

例えば流行の話、芸能の話、ファッションの話などいわゆる俗的な話は、人妻の場合は若い女性のように興味を持ってくれない事もあり、そもそも付いていけない事もあります。(もちろん多少であれば構いませんが)また、仕事の話、年収の話、人生キャリアの話も、結婚相手になる訳ではないので余り興味はもたれないでしょう。

それよりも、自分はこういう価値観を持ってる、自分はこういう趣味を持っているなど、あなたならではの個性をアピールした方が、相手にとって刺激になり好感を与えられます。もしそういった事が難しい方は、聞き役に徹し、相手の女性の話を聞き立ててあげるだけでも十分好感を持たれるでしょう。理解者になってあげる形ですね。

4.ダラダラしない

女性は男性と違い35歳前後が性欲のピークと言われています。また出会い系サイトを利用している人妻の第一目的はほぼ性欲、セックスです。このため、ある程度は会話などをし女性としてエスコートしてあげる事は大切ですが、そればかりダラダラと長々続けていると呆れられる事があります。

出会い系サイトで人妻と出会う場合は、気持ち早めに肉体関係に持ち込む事がポイントです。一度肉体関係ができたら、その後は会う毎にセックス前提で問題ないかと。ただし余りに肉体関係がラフになるとマンネリ化し飽きられる事がありますので、デートなどで楽しませてあげる工夫も大切です。

5.常識を意識する

人妻と肉体関係をもつ事は本来非常識な事です。だからといって、なんでもありな接し方をするのは失敗の元です。いくら出会い系サイトを利用している人妻といっても、相手は立派な大人の女性です。中には普段はお固く常識ハズレの事は許さないといった方もいます。

ですので、人妻と出会う際には、礼儀、言葉遣い、服装などにおいて最低限の常識は守る事が大切です。特にあなたが相手女性より歳上の場合は、常識がないとそれだけで嫌気される事もあります。常識を守り紳士的な対応をした上で、アブノーマルや非日常を演出するのがある意味最高の一手でしょう。

6.深入りし過ぎは注意

最後に余りに相手の女性に好意をもたれすぎるのは、注意が必要です。

相手が人妻である以上、相手には家族があり、深入りし過ぎると後々大きなトラブルとなる事があります。肉体関係に持ち込むためには相手に好意を与える事は大切ですが、余りに相手女性から好意をもたれ過ぎたり、もしくはあなた自分が相手に好意を持ちすぎて抜け出せなくなる事には注意が必要です。

人妻女性を落とし自分のものにするための6つのテクニックまとめ

いかがでしたでしょうか。
以上のように人妻を我が物にするには人妻に合わせたテクニックが必要です。自分なりの工夫を交えつつ、出会い系サイトで多くの人妻との出会いを楽しんでみてください。

不倫をするときは自作自演をすると万が一の時も安心

不倫をしていてもバレる人とバレない人がいます。遊び人の友人から絶対にバレない方法をいくつか教えてもらって実行した結果、本当にバレずに不倫続行しています。

その方法はまずはSNSで不倫相手と繋がらないことです。

SNSでやり取りをしてしまうと何らかの形でバレてしまう可能性が高いので極力浮気相手や不倫相手とは必要以上に繋がりを持たないことが大切になります。もし携帯を見られても不審に思われないように不倫相手の名前は男性の名前にしておいた方がよいかもしれません。

ダミーの女性を何人か作っておくのもよいです。今はフリーアドレスをいくつも入手することが出来ますから自作自演をたまにしておくのです。

奥さんがもし携帯を見たとしたら真っ先に女性とのやり取りのメールを見ると思います。その時の為にフリーアドレスから自分の携帯にメールを送っておいて内容も仕事の内容にしておけば怪しまれません。これはもし万が一携帯を見られてしまったときであって、極力家の中(奥さんの前)では携帯を弄らないようにしておくことが重要なポイントになります。

奥さんには仕事の時間を偽って終電近くまで仕事をしている設定にしておけば仕事後に不倫相手に会ってから帰ったとしても怪しまれることはありません。奥さんにそっけなかったり冷たかったりすると女性はカンが良いので気づく可能性が高いと言えます。ですから優しく接することを心掛けるようにすればまず不倫を疑いません。

既婚者として子を持つ親として賛否両論はあろうと思いますが、社会と言う戦場で 妻子を守るべく戦う以上、ビジネスマンとしての企業戦士の本能以外に、「男としての本能」が同時に発生することは否めないんですよね。

自分を古のことわざにある色を好む英雄だとは思わないが、男たるもの何時もオスの本能を抱えて生きているなあと実感することは多いんです。

若い女の子の開いた胸元、通勤電車のOLのヒップライン、雑誌のグラビア、 ネットのアダルトサイト…中年オヤジの「男」を刺激するものは世に溢れている。だから悩ましい……。

しかしながら、結婚し家庭を築き、社会的にも責任を持たなければならない状況では、残念ながら時間的にも経済的にも自分の中の「男」が活躍する余裕は それほどあるわけではありません。

だから、「男としての時間」は上手に使いましょう。失楽園のような深みにドップリ漬かった恋愛でなく、仕事関係の女性との飲み会や接点のようにフランクでもなく、家庭のリスクを背負わない何にも縛られない自由な「男としての時間」が欲しいんです。

そして、そんな願望を叶えるのに出会い系サイトってピッタリなんですよね。

人妻と出会うための基礎知識

厚生労働科学研究班と日本家族計画協会が共同で実施した「第2回男女の生活と意識に関する調査」が発表されました。

結婚している10代から40代の日本人男女の約3割が、最近1か月以上性交渉がなく、セックスレス傾向にあることが、厚生労働科学研究班などの調査でわかった。

これでは、日本の人妻はいつも欲求不満ですね。出会い系サイトでは人妻の入会者はすごい勢いで増加しています。 この数字を見る限り“人妻出会い”は楽勝なんです。

人妻出会い系、熟女出会い系が増えてきているのは、こういう状況からだったんです。 本当に会える出会い系の仕組みってどうなってるんだろうと思ってたけど、こうした日本の夫婦生活も大きく影響しているんですね。これからは堂々と人妻熟女との出会いを楽しめます。

人妻と出会うために。人妻に好かれるためのコツを紹介します。 まず重要なのは「バレないようにすること」です。当たり前ですが、これが一番怖かったりします。 大半の人妻は夫以外と出会いたくても「バレた時のこと」を考えてしまうのでなかなか行動に移せないものです。 そこで大切なのが、安心感です。

人妻にアプローチするときなどに「こちらから連絡は控えます」とか「貴女が会いたい時で構いませんよ」など はじめは主導権を人妻に任せるようにするといいでしょう。 もちろん一概には言えませんが、時間を考えずに連絡してくるような男性では人妻も気が気ではありませんよね。 やはりそういった気遣いが出来る男性が人妻には人気のようです。 「連絡したいときに連絡する!会いたい時に会いに行く!」など俺様が過ぎると嫌われかねません。 人妻はフリーの女性とは接し方が違います。それを覚えておきましょう。

それともっと大切なことは、人妻のほうが出会いを求めていることを自覚することです。

正直これはかなり大きいですよ!ある意味ストリートナンパとの一番の差かも知れませんね。ストリートナンパ、つまり路上で声かけして仲良くなってあわよくばその日の内にエッチまでしちゃおうって行為は、ものすごいエネルギーが必要なんです。 それに対して、出会系サイトを使う女性はその時点ですでに異性との出会いを求めてるワケです。人妻系サイトだったら不倫ですよね。

出会い系サイトにいる女性は当然、最初から体目的な人が多数なのでやりやすいですよね。 ですから女性の精神状態を考えると、実はスタート時点で出会い系サイトの方が女性との距離が近いんです!理人が忙しくても出会い系サイトで簡単に出会えてしまうヒミツはこれですね。すでに相手もこっち向き、これが出会い系サイトの隠れたメリットです!

それに出会い系サイトって初対面が初対面じゃないんですよね。

実際に出会い系サイトを使ってみた人はよく分かると思います!出会い系サイトで知り合って実際に会う瞬間って、初対面であって初対面じゃないワケです。なぜかと言うと、事前に『この人となら1対1で会ってもいいかな』って思えるだけの充分な会話をしているからです。

リアルの友達以上に友情が深まってたり、既に恋人チックな気分だったり、挙句の果てにはエッチの約束まで事前に取り付けちゃってたりとかよくある話です。 実際会うと高確率でエッチできちゃう、出会い系サイトのムフフなメリットです!^^ 出会い系サイトはこんなに簡単です! 本邦初公開です、出会い系サイトのメリットを全部ぶちまけました!・・・・・・教えるの惜しいからやっぱり消そうかな、なんて(笑) 「いつでもどこでも」、「女性も出会いたがってる」、「初対面の親近感」この3つのメリットは相当大きいですよ!スタイルもルックスも本気で自信のない管理人でも出会い系だけで人妻体験人数3桁超えできているのが何よりの証拠です。 この極秘情報を聞いたのに出会い系サイトを体験しないで一生を終える男はバカです。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫

したくなったらいつでも簡単にセックスができて、別れるのが簡単で、「結婚しよう」とか言い出さない都合のいい不倫人妻セフレが欲しいんだけど、出会い系と聞いて尻込みしている方には特に、声を大にして言いたいことがあります。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫です。ここに入らずしてどこでセフレを探すんですか?

何事も習うより慣れろです。出会い系サイトも全く同じ。まず始めないことには何も始まりません。

最初はブスでも気にしない

出会い系を使うことに躊躇する理由として、どういう相手が出て来るか分からないので、使いたくないという不安感がかなりを占めます。

確かに、出会えてもデブスでは、期待した分ガッカリして落ち込むのが関の山だから、最初からやらない方がいいという忠告は一見、的を得ているかに見えます。

しかし、いったん街に出たり周囲を見渡せば分かるように、世の中には可愛い人もいれば不細工に生まれついた人もいて、それでつりあっているようなところもあります。

出会い系サイトも世の中に存在している以上、可愛い人もいれば、不細工な人も登録しているのは仕方ありません。

それを否定すれば世の中を出て、人でなしの国に行くしかなくなります。

いくらなんでも人でなしの国より人の世の方が楽しいだろうと思い直せば、出会い系サイトはとても楽しい世界だということに気が付くはずです。

人の世ですからブスが出てくることはあります。しかし、出会い系サイトのブスは世の中で出会うブスとはちょっと違います。大きく違うといってもいいかもしれません。

世の中のブスは、ブスであってもやらしてくれるとは限りません。むしろブスほど男と接する経験が乏しいために、やり方さえわからないでいたりします。やらせてくれないブスほど痛いものはないですね。

ところが、出会い系のブスは、いくらでもやらせてくれます。本人がやりたくて登録をしているから当然なのですが、ブスであることに引け目もありますから、面倒な駆け引きさえ要りません。

ですから、やることを目的としている出会い系でブスに当たるのは、そんなに悪いことではないんです。

ブスで場数を踏むと上玉に会えるようになる

確率的に見て、出会い系でブスに当たる頻度は、街で不細工な女性を見かけるのと大差ありません。誤差があっても、せいぜい若干ブスが多い程度です。

ところが不思議なことに、出会い系サイトを使い始めた当座は、なぜかブスと当たります。

出会い系サイトの洗礼かもしれませんし、ジンクスかもしれませんが、とにかくブスが出てくるものなのです。

しかし、世の中にブスもいれば可愛い人もいるように、出会い系サイトとて例外ではありませんから、それはそれで受け入れる他ありません。

それではいつも、いつまでもブスと当たるのかといえばそんなわけはなく、突如として可愛い人と会えるようになるのも出会い系サイトなのです。

これまた不思議なのですが、ブスの洗礼を浴びた後は、まるで口直しをしなさいといわんばかりに、出会い系サイトが可愛い人を回してくれるものなのです。

考えてみると、続けていれば確率統計的にそうなることは当たり前ではあるわけですが、しかしそうした確率論では説明の付かない不思議な力が働いている気がします。

おそらくこれは、出会い系サイトをある程度の期間使っている人なら、誰もが抱いている感覚ではないかと思います。

大事なのはノウハウよりも感覚

出会い系サイトで出来るだけブスは避け、可愛い人と会えるようにするためのノウハウを伝授するサイトが散見されます。

そうしたサイトのノウハウを参考にすれば、ブスを避ける上である程度役に立つことは間違いありません。

しかし、出会い系サイトで出来るだけ可愛い、好みの女性と出会うために大事なことは、ノウハウよりも感覚的に身に付けたある種の”勘”のようなものであるのも、また確かなのです。

そうした勘を身に付けるには、何度もトライアル・アンド・エラーを実際に繰り返すしかありません。

ブスとの遭遇は、痛い経験かもしれませんが、ノウハウよりも大事な勘を養う上で、避けて通れない体験ともいえるのです。

そして、この勘を身に付けると出会い系サイトでは、街の中より可愛い人に会いやすくなります。

なぜなら、街の中や限られた交際範囲では、ブスだけをスポイルして避けることは案外難しいものですし、そんなことをすればブスに反逆されて大変なことになります。

ところが、出会い系サイトではそんなことは当たり前ですから、要領さえ身に付ければ実社会より、よほどブスは避けやすくなるわけです。

その要領とは繰り返しになりますが”勘”ですから、的確な言葉で説明することはしにくいのですがただ、出会い系サイトを使っていれば自然と身に付きます。

最初に申し上げたとおり、始めなければ何も始まりません。尻込みをしている限りこの勘を身に付けることは出来ません。

まず始めることです。そしてブスで痛い目を見てください。その後、想像もしなかったような女性とめぐり逢えます。それが出会い系サイトの出会いです。

AV観ながらのセックスってアリ?!その魅力とやり方

_5636cb4faf5de毎回同じようなセックスでは、流石に互いにマンネリ気味になってしまうものです。

日々のセックスに新たな刺激を加えるために、場所を変えて雰囲気を作ってみたり、○○プレイをやってみるといった方法などもありますが、その中に「AVを観ながらのセックス」というのがあります。

雰囲気作りや気持ちの高揚などに使えるだけでなく、新しい体位やプレイなどもセックスに取り入れられるかもしれません。

AVを観ながらするセックスの魅力を知って、マンネリ気味な営みに、新たな刺激を加えてみませんか?

意外と多い? AVに興味を持つ女性

AVはやはり男性がオナニーの時などに観るもので、女性は観ないものと思いがちですが、女性でもAVに興味を持っている人は多いです。

最近は、スマホやPCの普及により、女性もひとりエッチのおかずなどにAVを観る人も増えてきています。

  • 「こういうやり方もあるんだぁ」
  • 「こうやった方が気持ちいいのかも?」
  • 「この体位やプレイ気持ちよさそう」

初めて観る時などは抵抗があるようですが、観始めると止まらなくなり、AVの魅力にハマっていく女性も多数。

男性はAVやエロ本などで、セックスの体位やプレイに関する知識を得て、自分のセックスに取り入れるということをしますが、女性はあまりしません。

性への関心が高い女性は、自分で調べることもしますが、大概の女性は相手の男性がする体位やプレイで覚えていく人がほとんどです。

相手を気持よくさせたいし、自分も気持ちよくなりたい…その気持ちは想い合っていれば当然抱くもの。
AVをきっかけに性への興味を高め、セックスでより快感を求める女性も少なくはないのです。

実際にAVを観ながらセックスする方法

1.AV選びはお互いの好みを重視して

初めて彼女とAVを観ながらセックスする場合は、観るAV選びもとっても重要。

前もってそういうセックスをしようと誘うのもアリですが、事前に用意しておくのもサプライズ的な感じで面白いかもしれません。

AVの内容は、自分がやってみたい体位やプレイが収録されているものがおすすめ。それを2人で観れば魅力を感じることができ「やってみよう!」という流れに持っていきやすいです。

ただし、陵辱やレイプ、ハードなプレイなものを最初から観るのはNG。あまりにも激しいものだと、女性が引いてしまう可能性もあるため、まずはソフトな内容なものから始めましょう。

出演女優は、極端な熟女や幼女体型でなければ問題ありません。相手のルックスや胸のサイズなどに合わせた女優選びであればOK。ただし、彼女とタイプが違いすぎると、「実はこういう女性が好みなの?」と誤解を招いてしまう恐れもあるので注意が必要です。

2.AVの真似をしてみる

AVを観始めれば、互いの気持ちは昂ぶり自然とセックスする流れへ。

でも、そこでいつもと変わらないセックスをしてしまっては勿体無い!せっかくAVを観ているんだから、AVでしているプレイや体位などにチャレンジしてみましょう。

しかし、実際試してみるとうまくいかず、気持よくない・・・なんてこともあります。
でも思い出してみてください、初めてのセックスは誰しもうまくいかないもの。
プレイや体位もそれと一緒、徐々に慣れていきコツを掴んでいけば、それは必ず新たな快感へと繋がっていくんです!

「もっとこうしてみると良いかも?」、「こっちのほうが気持ちいい!」など、セックスの中でコミュニケーションが生まれ、そのプレイや体位を自分達のものにしようと、互いにセックスに夢中になれます。

そうやって2人で育んだプレイや体位は、互いのセックスバリエーションの1つとなり、日々のセックスでの選択肢が広がることでマンネリ防止にも。

AVをきっかけに、セックスに新しい要素を加えられるのも、このプレイの魅力の1つなんです。

3.フィニッシュは2人だけで

2人でAVを観るのに夢中になってしまって、そのまま最後まで観てしまう。

それもそれで楽しいかもしれませんが(笑)、観終わってしまうと充実感と満足感で、セックスにもっていきにくくなってしまうので、途中でセックスの持ち込んでしまいましょう。

AV中盤のプレイや体位は観ながら参考にするも良いですが、フィニッシュのシーンはなるべく観
ないように!

AVはあくまでセックスを盛り上げるために観るもの、2人のセックスが終わりに近づいた時は、そっとAVは消して、2人だけの空間にしたほうが相手の女性も喜ぶに違いありません。

すべての女性がAVを観たがるわけじゃない?!

実は、AVを観ながらのセックスは、メリットだけでなくデメリットもあります。

男性の殆どはAVを好み、観る人は多いですが、女性は観たことがある人は少なく、そもそもAV自体が嫌いな人もいるのです。

AVを観ながらセックスをしたいと思っても、相手が観たがらないのに無理に観せるのは絶対にしてはいけません。相手の機嫌を損ねてしまい、セックスどころではなくなってしまいます。

AVの内容も同様に、相手が好まない内容だった場合は、大人しく観るのをやめましょう。こちらが好みでも、相手に不快な思いをさせてまで観るものではないので、相手の反応を見ながら観るか観ないかを判断すると良いです。

AVの真似をして相手を気持ちよくさせたいと思っても、それが相手にとって気持よくない場合もあります。無理に強要すれば「私じゃ満足しないんだ」と相手に誤解を与えてしまう恐れも……。

そのためAVを観る時は、相手に嫌な思いをさせていないかを確認してからすることをオススメします。

する時は相手の気持ちを大切に

AVを相手の女性と一緒に観ることで、気持ちの高揚や雰囲気作り、新たなセックス要素などの発見などに繋がり、いつものセックスをより魅力的なものにすることができます。

ですが、それはあくまで相手も一緒に楽しめるものであることが前提。

自分が気持ちよくなりたい、気持よくしたいという独りよがりな言動で相手に不快な思いをさせてしまっては意味がありません。

する際は、しっかり相手の気持ちを確認し、お互いが嫌な思いをしないようにトライしていきましょう!

【ウザい!】出会い系サイトで人妻に嫌われるメール

出会い系サイトでエッチな人妻を探している男性のみなさん。

出会い系サイトで成功をおさめるために必要なことは、何といっても【メールテクニック】です。しかしながら、巧みなメールテクニックをすぐに身に付けるのは難しいと思います。そこで今回は、敢えてNGとされるメールのやり方をご紹介します。

これさえ覚えておけば、嫌われることはありません!是非、参考にしてくださいね。

★ウザい!短文で何度も何度も

「おはよ」「うん」「可愛い」「好き」「それで?」などの短文を何度も何度も送りつけるのは、NG行動です。こんなに短い文章…というよりも単語からは、女性に対する優しさも愛情も伝わってきません。また、何度も携帯電話に着信が入るのをウザいと感じる女性は少なくありませんよ。

例えば、相手が人妻だったら、子育ての最中や、旦那さんがいるのに何度も連絡が来ていては不審に思われますよね。相手の状況がよめないときこそ、短文で何度も送るのは控えた方が良いでしょう。

★ウザい!長文で自分のことばかり

短文の次は、長文です。長文で自分のことばかりを書いて送るのは、相手にとってはあなたのただの自慢話です。

何て返したら良いのか分からない文章は、基本的に送らないようにしてください。長文の文章の中に、疑問符が2つ以上出てくるのも控えた方が良いと思います。

相手にしつこい印象を与えて、うまくいかなくなるはずです。

★ウザい!上から目線の勘違いメール

「俺は君の考え方は、ちょっと違うと思うんだよね」「なんだかよくわかんないよ」などと上から目線で相手にメールを送るのはやめましょう。自分ではかっこよくて頼りになる男を演出したつもりでも、女性からしてみればただの「上目線勘違い男」です。何様?と思われても仕方ありません。

出会い系サイトで出会った以上、出会いはみんな同じです。学歴や人としてのレベルの違いなどないことをきちんと理解しておきましょう。

いかがでしょうか?今まで自分では良いと思って恋愛を進めていても、もしかしたらうまくいかなかった経験があるのではないでしょうか。そんな時は、まず自分が送ったメールを見直してみてください。
今回ご紹介したウザいNGメールを送っているかもしれません。

出会い系サイトを利用する上で、相手を不快にさせないメールを送ることはエチケットです。きちんと守ってくださいね!

【人妻と出会い系】直接会うまでのテクニックを伝授

  • 「人妻とちょっと甘い恋愛を楽しみたい」
  • 「出会い系サイトを利用するなら、なかなかできない人妻との恋愛をしてみたい」

という男性のみなさん。

人生に1度くらい危険な恋愛を楽しみたいという男性の気持ちも分かります。

でも、なかなか人妻と巡り合う機会ってないですよね?そこでオススメするのが【出会い系サイト】です。

今回の気になるテーマは【人妻と直接会うまでのテクニック】です。

メールでのやり取りで終わらせない!

直接デートにこぎつけるまでの恋愛テクニックを伝授いたします。

一緒にチェックしていきましょう。

テクニック1、人妻が何を望んでいるのかきちんと理解する

人妻専門の出会い系サイトを利用する主婦の気持ちは、本当にさまざまです。

  • 「旦那が構ってくれないから寂しい」
  • 「刺激がほしい」
  • 「暇で仕方ない」
  • 「子育てに疲れた」

などの理由があるようです。

そこで人妻とのやり取りを進める前に、人妻が何を望んで出会い系サイトを利用しているのかを理解しておく必要があります。

出会い系サイトは、基本的にはメールや電話でのコミュニケーションから始まります。そのあと徐々に二人の距離を縮めていき、直接会うという約束を取り付けることができるのです。

人妻は独身女子に比べて時間の拘束もあり、なかなか約束を取り付けることがむずかしい傾向にあります。

最初からどんな目的で出会い系サイトを利用しているのかをきちんと理解した上で、人妻専門の出会い系サイトを利用していくことが大切です。

テクニック2、メールの返信が遅くても怒らない

人妻とメールでコミュニケーションを取るなら、なかなか返信がなくても怒らないことです。なぜなら、人妻は毎日本当に忙しい!家族のご飯作り、子供の面倒、自宅の掃除などしなければいけないことが、たくさんあるのです。

ですから、あなたに対するメールの返信が遅くても決して怒らないでください。

人妻と出会い系サイトを通して恋愛を楽しみたいなら、そのくらいのことは目をつぶってくださいね。

男性であるあなたが慣用な態度で接してあげることが出来れば、相手の女性もあなたを信頼して直接デートできる可能性がぐんぐんアップしていくことでしょう。

テクニック3、人妻とのデートの場所には充分気を遣って!

人妻とのデートには常にリスクが伴います。旦那さんに見つかってしまうと非常に厄介ですし、ママ友やご近所さんなど見つかっていけない人達がたくさんいるのです。そこで、メールや電話でのコミュニケーションから直接のデートにステップアップしたい場合は【デートの場所】に気遣ってあげるようにしましょう。

例えば、人目につかない個室を選んだり、自宅から離れた場所にしてあげるなどの気遣いが必要です。そのような気遣いができる男性は、モテること間違いなし!

特に人妻とのデートは、独身者よりも時間や場所に気を付けてあげることが大切なのです。

いかがでしたか?

出会い系サイトを通しての人妻との恋愛、楽しめそうでしょうか。

独身者と付き合うのと違うドキドキ感を味わうことができるので、人妻との恋愛の虜になってしまう男性も少なくありません。

興味のある男性は、早速【出会い系サイト】を探してみましょう。