即エッチは人妻にかぎる…!そう刻み込まれた時の思い出話をひとつ

「ねぇ、温泉旅行いかない?」

突然言ってきたのは、出会い系サイトで知り合った人妻だった。

暇つぶしで遊んでいた出会い系サイトで知り合った。
ずっと、食事したりお酒を飲んだりしていた間柄であった。
ホテルへ誘っても、やんわりと断られていた。
まぁ、食事代は彼女持ちだったので、その後もずっと付き合っていたのだった。

それが、今回は「温泉旅行へ行かない」とのお誘いにちょっとびっくり。
それも泊りがけだという。もしかしてさせてくれるのか、と思うとちょっと興奮してきた。
なぜなら、彼女はスタイルは良い女性だったからである。

当日、駅で待ち合わせする。電車で行くのかと思えば、レンタカーで行こうという。
宿は彼女が予約してあったので、私が運転していくことになったのだった。

車の中で話をしていて、事の真相がわかってきた。
彼女はずっとこの計画をしていたのだった。そのための相手を出会い系で探していて、
食事はその見定めだったのである。彼女は沢山の候補の中から、私をこの計画に誘い込んだのであった。

「あるときね、人妻不倫温泉旅行って言葉を見たのね。なんかその言葉が淫靡に思えて素敵だったの。
だから、実際にやってみたくってね。」
というのが彼女の本音だったのである。

これまで、食事しかしていない頃には見せなかった痴女であった。
構想道路で、私のファスナーを降ろすとシゴキ初めて、自分のパンツも脱いでオナニーを初めてしまったのである。
「私は一回いったから、貴方も一回いかせてあげるねと運転したままフェラチオされて、私もいってしまったのである。

無事旅館について驚いた。そこは個室の露天風呂付の豪勢な部屋。もちろん彼女の支払いである。
「お風呂で、イチャイチャしましょ。」
と一緒にお風呂い入り触りあい。結局そこで、一発やってしまったのだ。

旅館の中では、ずっと浴衣で彼女は下着は付けていない。その状態で、食事へ行ったり、外へ散歩したり、
勿論私も一緒である。彼女は私の腕を取り、おっぱいにくっつける。そうやって、私を常に誘惑するのであった。

夜になって、布団がしかれると、彼女はこれからが本番という感じ。
「いろいろ、準備してきたから、これを使って私を満足させてね」
といって差し出した袋には、ローターからバイブまで大人のおもちゃがぎっしりと。
ついてに精力剤からバイアグラまでぬかりない。
結局、朝方まで、二人でこれでもかというくらいに、お互いの体をまさぐりあい。彼女も私も
何度も行くことになってしまった。

朝方、またお風呂に入ると、彼女はまだまだといった感じで、咥えてくる。結局、朝ごはん前に一発出して。
とふらふらの私。

帰りはも私の運転で、彼女はその中でも私の股間に手を伸ばしてくるといった状態で、危うく事故を起こすかと思ったほどだった。

しかし、食事だけの関係と思っていた人妻と、濃いエッチがえきたのは何よりも収穫だった。
また、誘ってくれないかなぁとひそかに思っている。

大学生の頃から、あまり女性に縁が多くありませんでした。

そもそもわたしは、大学生の頃から、あまり女性に縁が多くありませんでした。

大学生の頃に付き合っていた女性がいたのですが、お互いの進みたい職種、就職先が遠く離れてしまい、結局、遠距離恋愛も長くは続かず、その女性とは別れてしまいました。

それ以降、男の研究職ばかりの職場で社内での恋愛というのもありませんでした。

もちろん営業系や事務系の若い女性はいたのですが、どうしても合う女性がおらず、今まで結婚を前提にした女性との付き合いというのはありませんでした。

結婚に関してかなり焦ってきた私は、数年前から出会い系サイトの会員になりました。

会員になることを選んだのは、巷に溢れている怪しげな出会い系サイトとは違い、優良な大人のまじめな出会いのためのシステムだからです。

女性会員には意外と高学歴の女性もいます。

高学歴の女性は実際の生活の場では、なかなかその学歴に見合う相手がおらず、幅広い人と出会うことができるこのようなシステムで婚活をしているようです。

始めて半年で私の希望する高学歴の女性と出会い、先方もやはり自分に見合う学歴の相手を探していたとのことでした。

その女性は、とある化粧品会社の研究員している方ですが、現在、結婚を前提として付き合いをしています。

40代の女性をターゲットにして出会いを成功させました

私はこれまでいろいろな出会い系サイトを利用してきました。どれにも言えることですが、メールにポイント代がかなりかかってしまいます。中には、最初何ポイントか無料メールポイントがついていることもありますが、1,2通送ればそれ以降はポイント代がかかってしまうような状況のものが多いです。あと少しでというところでいつも無料メールポイントが切れてしまうのです。

その点、ハッピーメールは、登録時の無料メールポイントも多く、これだけで相手と会うことも不可能ではありません。

ではここで私がハッピーメールを使って相手の女性と出会った経緯を説明しましょう。
まず目的にもよりますが、狙い目としては、誰も手を付けないであろうと思われる人を優先的に考えます。私の場合は、40代の女性をターゲットにしました。年配すぎると思われるかもしれませんが、競争率を考えて選びました。また、この年代の女性なら誰もターゲットにしないでしょうから話も早く決められると思ったのです。もちろん、私自身が年上好みであったことも事実ですが。

さて、私が最初にオファーを送ったのは、45歳の未亡人ということでした。恐らく、ご主人に先立たれて夜も悶々としていたのでしょう。それで最初のメールで何を書くかということですが、これまでの経験から、若い女性の場合は、こうしたサイトに対する警戒心が非常に強いので、打ち解けて実際に会うまではかなり時間がかかることが多かったのですが、40代ともなればそのあたりはあっさりしていることが多く、即会いにはそれほど抵抗がないことが多かったのです。

そこで、どのような文章を書くか迷いました。何しろ字数があまり多くありませんので、少ない字数の範囲内で用件だけをとりあえず伝えようと思いました。本当なら、メールアドレスを書いて送って、以後はそっちのアドレスでやりとりできれば何も問題なくスムーズに会話できるのですが、私の経験上、メールアドレスをいきなり書いても、スルーされるのが普通ですので、アドレスを書くのは諦めました。

その代わり、待ち合わせの日時と場所、それから車の色と車種、ナンバーをとりあえず要約して送りました。

一応すぐに返事は来ました。まずはメールをくれてありがとうございましたという内容で、続いて今夜早速会えるということが書かれていました。

待つこと20分、すると私の運転先の斜め後ろのドアのガラスをノックする音が聞こえました。そこでぱっと振り返るとそこに中年の女性が立っていました。急いで車から降りるとそこに立っていたのは、スリムで髪の長いワンピース姿の女性でした。

名前だけ確認すると、確かに、サイトで知り合った人でした。それでしばらく喫茶店で話をすることにしたのです。30分ほど話が盛り上がったところで、そろそろと私が切り出して、ラブホテルへ行くことを提案したところ、2つ返事でOKしてもらいました。

出会い系サイトで大人の交際を希望している人妻

普段は会社でサラリーマンをしています。有給休暇や休日出勤の代休の時は、出会い系サイトを使って割り切りエッチしています。

土日休みは周りに休みの人が多いので予定を立てやすいのですが、平日休みは暇で暇で仕方なく、それでも普段のストレスなのか何だかムラムラしてエッチをしたくなります。

そこで、出会い系サイトで大人の交際を希望している人妻をチェック。とにかく早くヤりたいので、待ち合わせ場所は車で10~30分で行けるところを選ぶようにしています。あまり住所に近すぎるところで会うと誰に何を言われるか分かったものじゃありませんし、割り切りで出会う女性とは万が一にも日常生活で会うのを避けたかったので少し遠目の場所を設定。あんまりそこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、身バレ・家バレだけは勘弁です。昔そのせいで痛い目を見たので、出会い系で会う人とはニックネームで呼びあうようにしています。

もちろん、プライバシーに関することは嘘を交えます。例えば、車で来たのにわざわざ待ち合わせ場所を駅に近い場所を選んだり、年齢を何歳かサバ読んだり。くだらない話かもしれませんが、それだけでも相手の印象は随分変わってきます。平日とかだと、「今日はお休み?」と聞かれることがあるので、仕事の関係でたまたま今日休み取れたと言うことが多いです。ここまで聞いてくる人は、その後に「何の仕事しているの?」とセットで聞いてくるので、ボロを出さないためにも事前にシミュレーションをしたり本来の仕事に少し嘘を交えて話したり、面倒くさくならなそうな方を選びます。

エッチしてからでないと分かりませんが、また会いたいと思える相手にはあまり嘘をつき過ぎず自分の情報が洩れないようにしています。変な嘘をつくと次に会った時にほぼ確実にバレて気まずいことになるので、また会おうと約束した相手の情報などについてはなるべく記録するようにしています。

僕のようにここまで神経質になる必要はないと思いますが、相手の女性も思ったより自分のことは話してくれません。それに、変に重い話に首を突っ込むとヤブヘビになりますので。