熟女をゲットした体験談

熟女をゲットした体験談をまとめました。わたしのつまらない体験をごらんください。

もっとたくさん体験談を読みたい場合は、出会い系サイト成功体験談 がおすすめです。

50代熟女キャディーさん

出会い系サイト知り合った人妻でキャディーをしているSさん。仕事柄たくさんの出会いがあるはずなのに、どうしてサイトをしているのか初めは不思議でした。何度かメールで会話をして打ち解けてきた頃、気になっていたその疑問を聞いてみました。

聞くところによると、出会いは確かに多く、おじ様達から誘われることも良くあるようです。でもゴルフは大会やコンペなどそのゴルフ場を利用するお客さんもたくさんいるにもかかわらず、どこで横のつながりがあるかわからない事もあり、うかつにお客さんと付き合ったりは出来ないようでした。

その後数回のメールのやり取りの末、こっそり会うことになりました。食事をしながら仕事の話をする中で、ゴルフ場にくるお客さんの話になり、手帳を見せてもらいました。

結構知っている会社名や人も出てくるもので、秘密情報も手に入れたりも出来ました。今でもたまに会うたびに情報を交換し、お互いの仕事に役立てています。

ここでの出会いが仕事に活かせる出会いになるなんて想像もしていませんでした。これからもいい関係を続けていきたいと思います。

メールから出会いまで衝撃の展開続きでエキサイトしながら魅了されていきました。

何の変哲もない平凡な日々が続きストレスも溜まっている中、出会い系サイトに登録し出会いを求めました。理想は同世代か年上で少し甘えさせてくれそうな方でした。いくつかのメールをやりとりしていく中で少し古風的な内容をいつもくれる方がいたので気になっていたのですが歳が5つ上で理想の範囲内でしたのでこの方に絞り中身を濃くしながら交流を深めていけたらと思っていました。

文章がとても綺麗で上品そうな方でしたので何をされているのかを問うと表具師をしているとの事でした。中々縁がない世界なので更に魅了されてしまいメールを続けて1ヶ月あまり出会う機会が訪れました。待ち合わせ場所に約束通りきてきれまして出会う事が出来たのですが、彼女はイメージ通り古風で何と着物を召してこられました。こちらは仕事帰りのスーツ姿だったので少し助かりましたがラフな格好だったら全く釣り合わない所でした。

表具師は先祖代々引き継いでいるみたいで彼女もその中の1人になったみたいでした。いつも人に会う時は着物らしくその姿が初めて見る自分にもよく似合っていました。比較的時間もとれるようでしたので週に1.2回は会う事が出来普通のデートが出来るまでになりましたが1回目のデートは博物館で掛け軸を見て回るものでした。

さつまいも農家の彼女との出会い

都内で産まれ育った私に転機が訪れたのは、28歳の時でした。転勤で親戚も友人も一人もいない四国に異動することになりました。

ちょうど長く付き合っていた彼女がいたのでこのタイミングでと思い、プロポーズをしたのですが「田舎には住めない」とまさかの断られるという結果になりました。

傷心のまま知らない土地での生活は大変で、娯楽施設や繁華街のない田舎では仕事と家を往復の毎日でした。

そんな時に出会い系サイトを知り、登録してみました。出会いが全くなかったので近くの子がいればと思い探してみるとさつまいも農家で働く彼女に出会いました。

連絡や写メを交換していると、とても素直で素朴な子でした。彼女もまた出会いが全くないので登録したとのことでした。食事に誘うと最初は戸惑っていましたが、OKしてくれて食事にいきました。

普段はさつまいも畑で仕事をしている為、50歳というのに体は元気。田舎から一度も出たことがないので何をするにも少女のように喜んでくれ、癒されます。こんな経験は初めてなので、大切にしていきたいと思える出会いでした。