40代の女性をターゲットにして出会いを成功させました

私はこれまでいろいろな出会い系サイトを利用してきました。どれにも言えることですが、メールにポイント代がかなりかかってしまいます。中には、最初何ポイントか無料メールポイントがついていることもありますが、1,2通送ればそれ以降はポイント代がかかってしまうような状況のものが多いです。あと少しでというところでいつも無料メールポイントが切れてしまうのです。

その点、ハッピーメールは、登録時の無料メールポイントも多く、これだけで相手と会うことも不可能ではありません。

ではここで私がハッピーメールを使って相手の女性と出会った経緯を説明しましょう。
まず目的にもよりますが、狙い目としては、誰も手を付けないであろうと思われる人を優先的に考えます。私の場合は、40代の女性をターゲットにしました。年配すぎると思われるかもしれませんが、競争率を考えて選びました。また、この年代の女性なら誰もターゲットにしないでしょうから話も早く決められると思ったのです。もちろん、私自身が年上好みであったことも事実ですが。

さて、私が最初にオファーを送ったのは、45歳の未亡人ということでした。恐らく、ご主人に先立たれて夜も悶々としていたのでしょう。それで最初のメールで何を書くかということですが、これまでの経験から、若い女性の場合は、こうしたサイトに対する警戒心が非常に強いので、打ち解けて実際に会うまではかなり時間がかかることが多かったのですが、40代ともなればそのあたりはあっさりしていることが多く、即会いにはそれほど抵抗がないことが多かったのです。

そこで、どのような文章を書くか迷いました。何しろ字数があまり多くありませんので、少ない字数の範囲内で用件だけをとりあえず伝えようと思いました。本当なら、メールアドレスを書いて送って、以後はそっちのアドレスでやりとりできれば何も問題なくスムーズに会話できるのですが、私の経験上、メールアドレスをいきなり書いても、スルーされるのが普通ですので、アドレスを書くのは諦めました。

その代わり、待ち合わせの日時と場所、それから車の色と車種、ナンバーをとりあえず要約して送りました。

一応すぐに返事は来ました。まずはメールをくれてありがとうございましたという内容で、続いて今夜早速会えるということが書かれていました。

待つこと20分、すると私の運転先の斜め後ろのドアのガラスをノックする音が聞こえました。そこでぱっと振り返るとそこに中年の女性が立っていました。急いで車から降りるとそこに立っていたのは、スリムで髪の長いワンピース姿の女性でした。

名前だけ確認すると、確かに、サイトで知り合った人でした。それでしばらく喫茶店で話をすることにしたのです。30分ほど話が盛り上がったところで、そろそろと私が切り出して、ラブホテルへ行くことを提案したところ、2つ返事でOKしてもらいました。