人妻女性を落とし自分のものにするための6つのテクニック

出会い系サイトを利用している人妻は欲求不満なため、比較的簡単に出会う事ができ、肉体関係もっていきやすいんです。

とはいうものの相手も人生経験豊かな女性。10代20代の若い女性を落とす感覚で接してしまうと、呆れられすぐに別の男性に乗り換えられてしまうことももちろんある訳です。

そこでここではそんな脂の乗った人妻女性を落とし自分のものにするための5つのテクニックをいくつかご紹介していきます。

1.人妻は「女性」としてあつかう

出会い系サイトで人妻を落とすうえで、まずたいせつなのは人妻を一人の「女性」としてあつかうことです。

出会い系サイトを利用する人妻は、たんに性的欲求を満たしたい願望だけでなく、もう一度女性として扱われたい願望を持っています。とくに結婚からだいぶ経っている30代、40代以上の人妻の場合、もう一度独身時代のように女性としてあつかわれたい感情をいだきやすいのです。

このため人妻を落とす場合は、相手を人妻として扱うのでなく、一人の女性、女の子として扱う事がポイント。少しおしゃれなお店で食事をする、ドライブデートするなど独身女性の頃の感覚を思い出させるような楽しみを提供してあげてください。そうした方が長く関係を続かせ易いです。

また家庭の話、子供の話、家事の話など人妻や主婦を連想させる話はできるだけ控えるのがよいです。会話一つにしても私生活を忘れられ女性であることを思い出せるような話題にするのがポイントです。

2.草食系と肉食系を演じ分ける

人妻の好みは大きく2パターンに分かれます。一つはウブで可愛らしい草食系の男性。もう一つはグイグイひっぱてくれる頼りがいのある肉食系の男性。人妻の場合、このどちらからのパターンに好みが極端に偏る傾向が多いですので、相手の好みに合わせた自分を演出する事が一つのポイントとなります。

相手の女性がどちらのパターンを求めているかは人それぞれですので一概には言えませんが、一つの目安として若い男性であれば草食系、年上の男性であれば肉食系がウケる傾向があります。もし自分が相手の女性より年下で若く、見た目も可愛らしい感じであれば敢えて草食系に徹してみるのが良いかもしれません。逆に自分が相手の女性より大分年上であれば、包容力や大人らしさを醸し出し肉食系に徹してみるのがよいでしょう。

3.人妻との会話

例えば流行の話、芸能の話、ファッションの話などいわゆる俗的な話は、人妻の場合は若い女性のように興味を持ってくれない事もあり、そもそも付いていけない事もあります。(もちろん多少であれば構いませんが)また、仕事の話、年収の話、人生キャリアの話も、結婚相手になる訳ではないので余り興味はもたれないでしょう。

それよりも、自分はこういう価値観を持ってる、自分はこういう趣味を持っているなど、あなたならではの個性をアピールした方が、相手にとって刺激になり好感を与えられます。もしそういった事が難しい方は、聞き役に徹し、相手の女性の話を聞き立ててあげるだけでも十分好感を持たれるでしょう。理解者になってあげる形ですね。

4.ダラダラしない

女性は男性と違い35歳前後が性欲のピークと言われています。また出会い系サイトを利用している人妻の第一目的はほぼ性欲、セックスです。このため、ある程度は会話などをし女性としてエスコートしてあげる事は大切ですが、そればかりダラダラと長々続けていると呆れられる事があります。

出会い系サイトで人妻と出会う場合は、気持ち早めに肉体関係に持ち込む事がポイントです。一度肉体関係ができたら、その後は会う毎にセックス前提で問題ないかと。ただし余りに肉体関係がラフになるとマンネリ化し飽きられる事がありますので、デートなどで楽しませてあげる工夫も大切です。

5.常識を意識する

人妻と肉体関係をもつ事は本来非常識な事です。だからといって、なんでもありな接し方をするのは失敗の元です。いくら出会い系サイトを利用している人妻といっても、相手は立派な大人の女性です。中には普段はお固く常識ハズレの事は許さないといった方もいます。

ですので、人妻と出会う際には、礼儀、言葉遣い、服装などにおいて最低限の常識は守る事が大切です。特にあなたが相手女性より歳上の場合は、常識がないとそれだけで嫌気される事もあります。常識を守り紳士的な対応をした上で、アブノーマルや非日常を演出するのがある意味最高の一手でしょう。

6.深入りし過ぎは注意

最後に余りに相手の女性に好意をもたれすぎるのは、注意が必要です。

相手が人妻である以上、相手には家族があり、深入りし過ぎると後々大きなトラブルとなる事があります。肉体関係に持ち込むためには相手に好意を与える事は大切ですが、余りに相手女性から好意をもたれ過ぎたり、もしくはあなた自分が相手に好意を持ちすぎて抜け出せなくなる事には注意が必要です。

人妻女性を落とし自分のものにするための6つのテクニックまとめ

いかがでしたでしょうか。
以上のように人妻を我が物にするには人妻に合わせたテクニックが必要です。自分なりの工夫を交えつつ、出会い系サイトで多くの人妻との出会いを楽しんでみてください。

不倫をするときは自作自演をすると万が一の時も安心

不倫をしていてもバレる人とバレない人がいます。遊び人の友人から絶対にバレない方法をいくつか教えてもらって実行した結果、本当にバレずに不倫続行しています。

その方法はまずはSNSで不倫相手と繋がらないことです。

SNSでやり取りをしてしまうと何らかの形でバレてしまう可能性が高いので極力浮気相手や不倫相手とは必要以上に繋がりを持たないことが大切になります。もし携帯を見られても不審に思われないように不倫相手の名前は男性の名前にしておいた方がよいかもしれません。

ダミーの女性を何人か作っておくのもよいです。今はフリーアドレスをいくつも入手することが出来ますから自作自演をたまにしておくのです。

奥さんがもし携帯を見たとしたら真っ先に女性とのやり取りのメールを見ると思います。その時の為にフリーアドレスから自分の携帯にメールを送っておいて内容も仕事の内容にしておけば怪しまれません。これはもし万が一携帯を見られてしまったときであって、極力家の中(奥さんの前)では携帯を弄らないようにしておくことが重要なポイントになります。

奥さんには仕事の時間を偽って終電近くまで仕事をしている設定にしておけば仕事後に不倫相手に会ってから帰ったとしても怪しまれることはありません。奥さんにそっけなかったり冷たかったりすると女性はカンが良いので気づく可能性が高いと言えます。ですから優しく接することを心掛けるようにすればまず不倫を疑いません。

既婚者として子を持つ親として賛否両論はあろうと思いますが、社会と言う戦場で 妻子を守るべく戦う以上、ビジネスマンとしての企業戦士の本能以外に、「男としての本能」が同時に発生することは否めないんですよね。

自分を古のことわざにある色を好む英雄だとは思わないが、男たるもの何時もオスの本能を抱えて生きているなあと実感することは多いんです。

若い女の子の開いた胸元、通勤電車のOLのヒップライン、雑誌のグラビア、 ネットのアダルトサイト…中年オヤジの「男」を刺激するものは世に溢れている。だから悩ましい……。

しかしながら、結婚し家庭を築き、社会的にも責任を持たなければならない状況では、残念ながら時間的にも経済的にも自分の中の「男」が活躍する余裕は それほどあるわけではありません。

だから、「男としての時間」は上手に使いましょう。失楽園のような深みにドップリ漬かった恋愛でなく、仕事関係の女性との飲み会や接点のようにフランクでもなく、家庭のリスクを背負わない何にも縛られない自由な「男としての時間」が欲しいんです。

そして、そんな願望を叶えるのに出会い系サイトってピッタリなんですよね。