人妻に嫌われないためのチェックポイント

人妻を狙えばセフレを作るのは簡単です。しかし、実際にあったときにいまいち人妻の食いつきが悪い。そんな風に悩んでいるのなら、女性に嫌われるNG行動をしてしまっているかもしれません。これを読んで当てはまることがないかチェックしてみてみましょう。

これらのチェックポイントをクリアしてから出会い系サイトに挑めば人妻セフレなんて簡単に作ることができますよ。

見た目に不潔感がある

  • 頭や肩にフケが落ちている
  • 汗臭い、香水をつけ過ぎ、口臭がきついなど、匂いトラブルがある
  • スーツやシャツにシワがついていたり、スーツの膝やお尻の部分がテカっている
  • 歯が汚い、歯並びが悪い
  • 髪がボサボサである
  • 無精髭がある
  • 靴やカバンが汚い

人は会って数秒でその人の印象を決めます。人は見た目ではないと思うかもしれませんが、ここで生理的に受け付けないと女性から思われてしまえば恋愛関係はおろか、友達にすらなることはできません。女性に受け入れてもらいたいのなら、清潔感のある見た目を心がけましょう。

自分中心の話をしてしまっている

誰だって自分の話を聞いてもらいたいと思っています。せっかく楽しく会話をしているのに、「俺はさあ」「そういえば俺って」と、女性の会話の腰を折ってまで自分の話ばかりしているようではモテるわけがありません。女性にモテたいのなら、まずは聞く力を身につけるようにしてください。

武勇伝を語る

女性の嫌いな男性の行動に、「根拠のない俺様発言」が挙げられます。特に女性に嫌われるのが、「俺って昔悪かったんだけどさ」「俺の仲間って悪い奴が多いんだけどさ」という、男性の悪い男アピールです。正直この話をされたところで、女性は「だから何?」としか思えません。本人はカッコつけているつもりなのかもしれませんが、女性からは冷ややかな目で見られてしまうだけなのでやめておきましょう。

鏡を見てばかりのナルシスト男

たとえイケメンだったとしても、女性からNG扱いされてしまうのがナルシストな行動です。鏡を見るたびに角度を変えて自分の髪型や表情をチェックするようでは、女性の心はどんどん離れていってしまいます。自撮りをLINEで送るのもやめておきましょう。自分が大好きな男性を、女性は恋愛対象としてみることができないのです。

レディファーストができない

せっかく雰囲気の良いお店に入ったのに、男性が店員の案内した上座にさっさと座るようでは女性も興ざめです。お店に入ったら女性を先に歩かせる。景色の良く見える席やソファ席などを女性に勧める。女性の好みを聞いてオーダーをする。女性がお化粧室に行っている間にこっそりお会計を済ませておく。これらの行動ができればエスコートは完璧です。最高のデートができる男性を目指しましょう。

人妻を中心にアプローチすると出会える確率がアップ

出会い系サイトでより多くの女性と出会いたいと考えた場合に、人妻を中心にアプローチすると出会える確率がアップします。

なぜなら、人妻というのはリアル社会ではアプローチすることができないからですね。

旦那さんとの熱愛が永遠に続くなんて事は通常考えにくい物ですから、結婚から数年経った頃、人妻は欲求が満たされない、飢えた女性になっているのではないかという想像は、経験上だいたい合っていると思ってよさそうです。

出会い系サイトに登録して出会いを求めている人妻

そういう人妻にこちらからウマくアプローチする事で出会える確率はぐんとアップするはずです。

大手出会い系サイトは、年齢層も若妻から熟女まで幅広く、みなさんの好みの年齢層にしぼってアプローチできますので、なかなか出会えないという方は一度人妻にターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか。

今回は、私が出会い系で遊んだ時のおはなしです。

わたしの場合、まず5~10人程度の女性にメールを送りアプローチします。その中から手応えのある方のみメールを継続するわけですが、最終的にはメールのやりとりが成立しつつ継続出来るのはそのうち1人か2人程度。

今回の方は30代前半の人妻で旦那さんとのエッチはもう数年無いという話。メールでのエロトークも遠慮無く弾むタイプでした。

程なくしてデートの約束をとりつけ、待ち合わせ場所に車で向かいました。予定時間より少し早めについて彼女の到着をまつと間もなくして彼女も車で到着。彼女の車は駐車しておいて私の車で移動することになりました。

彼女のスペックは身長約160センチ程度、体形は中肉といった感じ。若干幼めの顔つきでどちらかというとカワイイ系。とはいえ中の下といった感じでした。出会い系で出会える人妻の中では上出来かなぁと、お前は何様だと言われそうな評価をしつつ車を走らせます。

ちょっとコジャレた居酒屋で食事をしながら話をします(お互い運転があるのでアルコールは無し)お互いにやや上げ気味のテンションで話ているうちにだんだんフレンドリーになってきます。ここ大事。

食事を終えて再び車を走らせますが、この辺りからエロトークをはさみます。既にメールでその手の話がOKなのは分かっているので気楽なものです。ただ面と向かってエロい話をするのは最初はコチラもやや恥ずかしいのが本音ですが(笑)

本番

そこそこにエロトークが加速してきたあたりで車をひとけの少ない所に止めます。停車したら間髪入れずに無言で肩を抱いて顔を近づけました。流石エロトークを平然とやってのける人妻だけあって動じる事無く、待ってましたの表情。とても嬉しそうな表情で口をチューと突き出す始末。ノリがいい。

私も空気を読んでタコのような口を突き出し冗談みたいなチューをしすると彼女が笑いながら両手を私の肩にまわしディープキスをせがみにきます。欲求不満人妻のこういうリアクションがたまらなく興奮します。

ひとたび唇を合わせると早々に飛び込んでくる彼女の舌の動きがたまらなくエロい。時々「んっ」なんて声を漏らしながらべろべろと絡みつく舌の動きに私のアソコも力が入ってきます。

やがて私の右手は彼女のおっぱいへ。服の上からとりあえず揉んで見ます。車の中だと嫌がる子もいるのですが、お構いなしの様子だったのでここは遠慮無く。

上着とシャツを脱がせてブラジャーをまくり上げると、飛び出すイヤらしいおっぱい。ガッツリおっぱいを揉みまくり、乳首をコリコリするとスケベな鳴き声が聞こえてきます。

激しくおっぱいをモミながらまたディープキス、彼女は体をくねらせながら、乳首を固くしていきます。彼女の手をとり、私の股間に持ってくるとズボンの上から激しくしごき始めます。

間もなくチャックをおろし、ズボンの中に手を入れてきました。

直接しごかれ始めるとかなり気持ちよくなってきてしまったので、「場所を変えよう」とホテルへ移動することにします。残念な事にカーセックスするには私の車はやや不便な構造なのです(笑)できないことはないのですが、ここはやはりノビノビやりたい。

ホテルへ移動後は終始はしゃぎっぱなしの彼女。やりたくて仕方なかったと言わんばかりのエロさっぷりは人妻ならではといった所でしょう。

「旦那にもこんな事したこと無い」といいつつ騎乗位で見事な腰振り、多分AVで見たのでしょう。今の所この子の騎乗位が私の経験した女性では一番良かった(笑)

その後、彼女とは何度も会ってはヤルを繰り返し、概ね数ヶ月は楽しませて貰いました。人妻さんはカッコをつけたデートプランなども殆ど必要なく、ほとんど食事してホテルというコースでお手軽なのも魅力です。

人妻といっても多少タイプの違いはありますので、いつも同じパターンで大丈夫かというとたまに例外はありますが、リアルに会った段階でその後の展開はほぼ決まりといっていいと思います。

熟女ブームに人妻を食う日々

昨今、熟女ブームがさけばれてからというもの久しいですが、もはやブームという一過性では終わらずに、もはや定番モノとなってきている印象です。

たとえば「いま空前の女子高生・女子大生ブーム!!」なんて言いませんよね。なぜ言わないかといえば、それはもう好きな人が多くて当たり前だからなんですね。

熟女ブーム!だなんて騒がれるのは、熟女好きなのが少数派だからこそ叫ばれていたことなわけです。ですが、今はどうでしょう。

熟女好きなんてのはもはや珍し くともなんともありません。たとえば、いまアダルトビデオが月にどれくらい新作が出ているかご存知でしょうか?

だいたい平均して月に1000本程度の新作が発売されているんです。1日当たり30本以上でているわけですから、冷静に考えるとすごい数ですよね。

そしていま、その1000本のうちの熟女モノ率が年々どんどんあがってきており、もはや過半数を超えてしまうくらいの勢いで今も伸び続けています。

なぜかといえば「売れる」からなんですよね。事実、アダルトビデオ人気ランキングなどでは半分以上が熟女モノなんてのは珍しくない光景です。

18歳でデビューしたてのかわいい女の子よりも、40代でお腹もたるんだ熟女のアダルトビデオのほうが売れちゃうわけですから…18歳の女の子が可哀想になってきてしまいますね(笑)

つまり、世の中がだんだんと熟女の魅力に気づきつつあるわけです…。これは熟女・マダム系の出会い系にも言えることです。

ここ2,3年になってライバルが増えつつあるのを肌で実感しています。ぶっちゃけ、それより前なんてのは熟女人気なんてのはマイナーもいいところで

供給ばかりがあふれていて、それはもう 熟女食べ放題コースといった具合で、7日連続で違う熟女と会って7日連続でセックスした週もありました(笑)

いまは需要も増えてきているので、そこまで の無茶はできなくなってしまいましたが、やはりまだまだ若い女の子狙いに比べたら断然に楽ですね。

現状としては熟女が好きな男性よりも、 出会い系に登録している熟女のほうがまだ1.5倍ほど多いといった印象です。

ひとり、ふたりと会うだけでしたら初心者のかたでも簡単にすぐ会える状況であ ることは間違いありません。

なにせ、出会い系に登録するような熟女というのは、周りにその魅力に気づいてくれる人がいないからこそ登録するわけですね。

私 のような熟女フェチからしたらそれはもうピカピカに光る宝石でしかないのですが、わかってない男からしたら石ころ程度の価値にしか見えないようです。まっ たく、嘆かわしいほど見る目がないものです。

ただ、そのおかげでこちらが熟女を美味しくいただけているわけですから…むしろ感謝をしないといけないですね!

出会い系サイト選び

出会い系サイトが増えれば増えるほど、サイト選びはことのほか重要になっているように感じます。

出会い系はどこも同じだと感じている方もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。

出会い系がブームになって10年以上が経過してみると、出会い系であればどんなサイトでもそこそこ人が集まり、誰でも女性と出会えた時代はとっくに終わっています。

どの世界でもいえることですが、淘汰されるべきところは淘汰され、生き延びているところは今もしっかり運営を続けています。

たとえばハッピーメールなんて創設から、すでに20年以上が経過している老舗とも言えるサイトです。使ったことはなくても、名前だけは聞いたことのある方も決して少なくないのではないでしょうか。

サイトデザインが、女性受けしそうです。

つまり女性が登録しやすいということですね。何しろ出会い系の命は女性ですから、まず出会い系サイトさんには頑張っていただかないことには、男性会員としては何も出来ませんから……。

さすがに老舗だけのことはあります。よくこんなに集めたなと感心するくらい、素晴らしい女性会員の揃え具合です。

登録は完全無料ですから、まずは登録してみてください。

年齢、地域、性別から簡単に登録している女性を検索できます。

素敵な女性がゾロゾロ出て来ます。プロフを眺めているだけでハッピーになります。好きな人なら思わずよだれが出て来るのではないかと思いますね。

出会い系は如何に男が女を釣るか、口説くかで成り立っているわけですから、そこの部分が脆弱では使ってもらえるわけもありません。

あなたもこの確立された女を口説くシステムに乗って、好みの女を見つけて口説いてみてください。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫

したくなったらいつでも簡単にセックスができて、別れるのが簡単で、「結婚しよう」とか言い出さない都合のいい不倫人妻セフレが欲しいんだけど、出会い系と聞いて尻込みしている方には特に、声を大にして言いたいことがあります。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫です。ここに入らずしてどこでセフレを探すんですか?

何事も習うより慣れろです。出会い系サイトも全く同じ。まず始めないことには何も始まりません。

最初はブスでも気にしない

出会い系を使うことに躊躇する理由として、どういう相手が出て来るか分からないので、使いたくないという不安感がかなりを占めます。

確かに、出会えてもデブスでは、期待した分ガッカリして落ち込むのが関の山だから、最初からやらない方がいいという忠告は一見、的を得ているかに見えます。

しかし、いったん街に出たり周囲を見渡せば分かるように、世の中には可愛い人もいれば不細工に生まれついた人もいて、それでつりあっているようなところもあります。

出会い系サイトも世の中に存在している以上、可愛い人もいれば、不細工な人も登録しているのは仕方ありません。

それを否定すれば世の中を出て、人でなしの国に行くしかなくなります。

いくらなんでも人でなしの国より人の世の方が楽しいだろうと思い直せば、出会い系サイトはとても楽しい世界だということに気が付くはずです。

人の世ですからブスが出てくることはあります。しかし、出会い系サイトのブスは世の中で出会うブスとはちょっと違います。大きく違うといってもいいかもしれません。

世の中のブスは、ブスであってもやらしてくれるとは限りません。むしろブスほど男と接する経験が乏しいために、やり方さえわからないでいたりします。やらせてくれないブスほど痛いものはないですね。

ところが、出会い系のブスは、いくらでもやらせてくれます。本人がやりたくて登録をしているから当然なのですが、ブスであることに引け目もありますから、面倒な駆け引きさえ要りません。

ですから、やることを目的としている出会い系でブスに当たるのは、そんなに悪いことではないんです。

ブスで場数を踏むと上玉に会えるようになる

確率的に見て、出会い系でブスに当たる頻度は、街で不細工な女性を見かけるのと大差ありません。誤差があっても、せいぜい若干ブスが多い程度です。

ところが不思議なことに、出会い系サイトを使い始めた当座は、なぜかブスと当たります。

出会い系サイトの洗礼かもしれませんし、ジンクスかもしれませんが、とにかくブスが出てくるものなのです。

しかし、世の中にブスもいれば可愛い人もいるように、出会い系サイトとて例外ではありませんから、それはそれで受け入れる他ありません。

それではいつも、いつまでもブスと当たるのかといえばそんなわけはなく、突如として可愛い人と会えるようになるのも出会い系サイトなのです。

これまた不思議なのですが、ブスの洗礼を浴びた後は、まるで口直しをしなさいといわんばかりに、出会い系サイトが可愛い人を回してくれるものなのです。

考えてみると、続けていれば確率統計的にそうなることは当たり前ではあるわけですが、しかしそうした確率論では説明の付かない不思議な力が働いている気がします。

おそらくこれは、出会い系サイトをある程度の期間使っている人なら、誰もが抱いている感覚ではないかと思います。

大事なのはノウハウよりも感覚

出会い系サイトで出来るだけブスは避け、可愛い人と会えるようにするためのノウハウを伝授するサイトが散見されます。

そうしたサイトのノウハウを参考にすれば、ブスを避ける上である程度役に立つことは間違いありません。

しかし、出会い系サイトで出来るだけ可愛い、好みの女性と出会うために大事なことは、ノウハウよりも感覚的に身に付けたある種の”勘”のようなものであるのも、また確かなのです。

そうした勘を身に付けるには、何度もトライアル・アンド・エラーを実際に繰り返すしかありません。

ブスとの遭遇は、痛い経験かもしれませんが、ノウハウよりも大事な勘を養う上で、避けて通れない体験ともいえるのです。

そして、この勘を身に付けると出会い系サイトでは、街の中より可愛い人に会いやすくなります。

なぜなら、街の中や限られた交際範囲では、ブスだけをスポイルして避けることは案外難しいものですし、そんなことをすればブスに反逆されて大変なことになります。

ところが、出会い系サイトではそんなことは当たり前ですから、要領さえ身に付ければ実社会より、よほどブスは避けやすくなるわけです。

その要領とは繰り返しになりますが”勘”ですから、的確な言葉で説明することはしにくいのですがただ、出会い系サイトを使っていれば自然と身に付きます。

最初に申し上げたとおり、始めなければ何も始まりません。尻込みをしている限りこの勘を身に付けることは出来ません。

まず始めることです。そしてブスで痛い目を見てください。その後、想像もしなかったような女性とめぐり逢えます。それが出会い系サイトの出会いです。