人妻に会うまでの道のり

人妻という響きは不思議なもので、女性に特別な魅力を付加します。

付き合いたい女性に人妻を上げる男性陣も少なくないのではないでしょうか。とはいってもなかなか人妻と付き合う過程を作り上げるのは難しいものです。目立ってアプローチすれば自分の価値を下げることにもつながりかねません。相手に距離を置かれてしまうこともあるでしょう。

しかし出会い系サイトをのぞいてみると、積極的な人妻はたくさんいるのです。時間や行動に制約のある人妻は、出会い系サイトのネットワークの中では比較的自由に行動することができます。出会いたいと思っている人妻は出会い系サイトに登録し、プロフィールを公開し、時には掲示板に大胆な欲求を書き込んでいます。

まずは出会い系サイトを覗いてみて、相手の条件と自分の条件がどれくらい合うかをすり合わせてみましょう。住んでいる場所や年齢などが基本事項で、まずは1通めのメールを送ってみましょう。

ちょっとしたワンポイントアドバイス

一通目のメールは少し丁寧に、自分のプロフィールなどを入れてみるのもコツです。人妻は出会いにとても慎重です。家族や周囲にばれてしまっては当然困るので、信頼できる相手としか会うことを決めてくれません。まずは出会うための人間関係を作りましょう。一通目の第一印象にかかっていると言っても過言ではありません。

返ってきたメールには無理のない範囲で話題を合わせることも大事です。あなた以外にも人妻へはメールは届いていますので、選定されている状態です。2,3通続いたなら、最初のふるいには残ったと言えるでしょう。

とはいえすぐに会いたいというのは彼女の猜疑心を煽ります。昨今の殺人事件なども相まって、簡単には合う約束は取り付けられないものだと思って気長に連絡を取り合うことが大事です。それとなしに出かけたい場所などを聞いたりして、会いたいという意思を見せていくのも一つの作戦でしょう。

また、ひとりと上手くいかなかったとしても、また別の人妻にメールを送れば済むことです。出会い系サイトには人妻が数えきれないほどいるのです。焦ったり絶望したりすることはありません。あなたを待っている人妻はたくさんいるのです。

恋人持ちの女性を狙うメリット

不倫と一口で言っても、ターゲットは「結婚している女性」だけとは限りません。

中には、他に恋人がいるけれども別の男性ともセックスをしたい、という女性が出会い系サイトに来ていることもあります。

そういう人は、プロフィール等で割とおおっぴらげに「恋人いますけど、不倫相手募集してます」と堂々と書いているケースが多いです。

もし、あなたがライバルのできるだけ少ない不倫パートナーを探しているのなら、穴狙いである「恋人持ちの女性」を選ぶことをオススメします。

バレた時のリスクが低い

その理由は、まず第一にバレた時のリスクが低いことです。

お互いに結婚していないのなら、たとえ相手の恋人に不倫関係がバレたとしても訴えられるということはまずありません。それは、婚姻関係にある者同士の一方が不貞関係を結べば離婚の理由になり、証拠があればその原因を作った妻や相手の男性に金銭的な賠償を請求することも可能です。

しかし、恋人関係だと、たとえ相手を寝取ったからと言って、相手の恋人が訴えたところで棄却されるのがオチです。そういった意味では、セックスをしたのがバレても一方的にこちらの立場が弱くなるわけではないと言えます。

セックスを求める気持ちが強い

また、二つ目の理由としては、恋人のいる女性の方がいない女性よりもセックスを求める気持ちが強いからです。恋人がいても体が満足できていない人は欲求が強く不倫願望が大きいのです。

よく、出会い系サイトに「何でこの人恋人いるのに登録しているんだろ?」という感じの人が登録していることがあります。そういった人の興味があることに、「大人の出会い」があれば脈アリ!

プロフィールに「恋人はいますが別に他の男の人を求めているわけではありません」「エッチ目的NG」という人以外なら、アタックすればチャンスがあると言えます。

若い子が狙いやすい

三つ目の理由は、10代や20代などの若い子が狙いやすいことです。

不倫=既婚女性=熟女、というイメージがあると思いますが、「恋人あり」女性なら、熟女でなくとも普通の若い女の子をゲットすることができますので、「30代や40代の女性と会うのはちょっとなあ…」とためらっている方にも、手が出しやすいかと思います。

恋人ありの女性の中には、彼氏公認でセックスパートナーを募集しているというエッチ大好きな人も中にはいますので、既婚女性よりも楽しく・安全に会うことができる可能性が高いのです。

不倫をする相手に恋愛感情を持ってはいけない

不倫をする時にはある鉄則があります。

それは、決して相手に恋愛感情を持ってはいけないということです。

セックスをする時に、抱きしめたい・キスしたい、という気持ちも一種の愛情です。しかし、これは相手の「心」ではなく「体」を求めての行為。

ぶっちゃけていえば、不倫=肉体関係を求めていることです。その線引きが曖昧になって、「相手から身も心も愛されたい」というのは言語道断! もし、この鉄則を破れば痛いしっぺ返しが待っているのがオチです。

もっと突っ込んで話せば、もし不倫相手と恋愛関係になれば、遅かれ早かれ相手・もしくは自分の家族に必ずバレてしまいます。「不倫パートナー」という一線を引いた関係でいれば、お互いに自制が効きます。

「一、二ヶ月に一回のペースで」という決まりも、不倫ならばまあそんなものか程度で片付けられます。

しかし、恋愛関係に発展してしまうと、お互いにしばらく連絡が取れなくなるとすぐに不安な気持ちになってしまいます。

「好きなんだったら毎日メールぐらいは欲しい」と相手から言われれば、たとえ今日はあまり連絡するチャンスがない、という時にでも無理に時間を取らなくてはいけません。そして、上手く自分が家族にバレることはなくても、相手の女性サイドはバレているなんていうことも……。

出会い系サイトでの不倫パートナー探しの最大のメリットは、面倒くさくなったらすぐに相手との縁を切れるということです。逆に、相手と突然連絡が取れなくなって縁を切られることもありますが、それはお互い様というもの。不倫はあまり一人の相手と長い期間付き合っていると、色々と探りを入れられる危険性があるので、大体会う回数は多くとも3回までに留めておく方が無難です。

不倫を恋愛に発展させないコツとしては、割り切り、つまり金銭での関係にすることです。

お金を払うのをもったいないと思うかもしれませんが、お金を払うことで少なからず会うということに緊張感を生み出すことができます。そして、「この人とは一回会って話は合ったけどセックスはあまり気持ちよくなかったな」という時に、果たしてもう一回お金払ってでもセックスがしたいのか? と、自分に言い聞かせるきっかけにもなります。それに、お金を払うことでしつこい相手にも、「今はお小遣いないから会えません」と言えますしね。

相手から、「次からお金なしでいい」と言われた時は、相手に恋愛感情を持たれている可能性がありますので、また会うかどうかは慎重に考えた方がいいでしょう。