人妻は、アブノーマルなセックスを求めていることが多いです

人妻がなぜ出会い系を利用するか?といえば、それは刺激を求めているからなわけです。

刺激的だから、人妻はセックスをしたがるわけです。つまり人妻が求めているのは、セックスそのものというよりも、刺激的な行為というわけですね。

セックスが刺激であるうちはいいですが、そのセックスから刺激を得られなくなったとしたら……つまりマンネリ化してしまい、退屈なものになってしまった時、人妻というのは興味を失ってしまい、より刺激的なものをまた探し始めてしまうのです。つまり、他の男を探し始めてしまうのです。

こっちも飽きてきた段階であれば、都合がいいともいえるのですが、まだまだその人妻と愉しみたかった場合は悲しいですよね。実質、あなたからはもう刺激が得られないという死刑宣告みたいなものなのですから。男としても、なんだか悔しく感じてしまいます。

そんなケースを避けるためにも……もしくは、最初から絶大な刺激を与えてその人妻を虜にさせるためにも、ここではアブノーマルセックスのすすめをお送りしたいと思います。

一口にアブノーマルセックスといっても、ソフトからハードまで様々です

まず、相手がこれまでほとんどノーマルなセックスしかしてこなかったのであれば、絶対にソフトから入ってください。ハードSMはソフトSMの上位互換というわけではなく、まったくの別物なのです。ソフトSMが好きならイコールでハードSMも好きという式は成り立ちません。完全に住み分けができているものだと思っていてくださいね。

そして、もし相手がいきなりハードSMを求めてくるような熟練した人妻であれば…こちらが初心者であった場合、手に負えないことが多いです(笑)相手が教えたがりであったり、育てることに楽しみを見出す人であれば付き合ってみるのも面白いかもしれませんが、多くの場合はセックス観のギャップによる距離感を感じてしまうことでしょう。なのでここでは、あくまで相手がノーマルであり、ソフトSMから始めてみるというケースを想定しています。

では、ソフトSMと聞いてまずなにを思い浮かべるでしょうか?それは目隠しプレイだったり、手や足を軽くしばる緊縛プレイであったり、ローションやバイブなどを使ったプレイであったり、コスプレをさせてのプレイだったりと…様々かと思います。事実、それらのすべてはソフトSMプレイと呼ばれるジャンルのひとつになっています。ソフトSMプレイというものは、かなり間口が広いプレイなのです。

どれも気軽に始められるものではあるのですが、その中でもおすすめしたいのは「目隠しプレイ」ですね。緊縛プレイは慣れていないと変な縛り方やきつすぎる縛り方をしてしまい、怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれませんし、ローションやバイブ、コスプレなどは事前にモノを準備する必要があります。ですが、目隠しプレイというのはかなりお手軽に始められますからね。それこそ布一枚…ハンカチやタオル、もしくはその場でつけていたネクタイなどでも十分なのです。

お手軽なのに、効果な絶大な目隠しプレイ

目隠しプレイを体験したことがない人は、目の前が真っ暗になるだけなんでしょ?と、かなり軽んじてしまう傾向にありますが…実際、目隠しプレイというのはそのお手軽さからは考えられないほど、大きなリターンがあるプレイなんです。

まず、人間というものは視覚に大きく依存している生き物です。人間の五感としてあるものは

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」

の5種類がありますよね。ではもし、その中の一つだけを失ってしまうとしたら…まず何を選びますか?

この質問をした場合、その答えは様々だと思います。ですが、多くの人は「嗅覚」や「味覚」、あるいは「聴覚」などを選ぶのではないでしょうか。まず第一に「視覚」を失ってもいい、と答える人はかなり稀でしょう。実際、人間とは視覚に多くを頼っている生き物なんです。

では、もし視覚を失ったとしたら…

という体験が出来るのが、この目隠しプレイなわけです。みなさんも一度くらいは夜にブレーカーが落ちてしまったり、突然の停電が発生したとき、手探りでドアを開けたり廊下を歩いたりした経験があるかと思います。そのとき、普段住み慣れているはずの部屋なのにとても不安に感じませんでしたか?別に暗くなったからといって、誰かが襲ってきたりするわけでもないのに、早く電気を付けたい!安心したい!という気持ちが強くあったと思います。

人間というものは、本能として闇を恐れるようにできているわけですね。これはまだ火を扱うことさえ出来なかった太古の時代より受け継がれているものなのかもしれません。人は目の前が真っ暗になった時、まず不安を覚えます。そして視覚から得られる情報がなくなった代わりとして、少しでもより多くの情報を得ようとして、残された感覚器官がより鋭くなるという副次的効果もあるのです。

目隠しプレイにおいては、この「他の感覚が鋭くなる」という部分がポイント!なかでも触覚というものは、普段からは考えられないくらい敏感になるものです。もし不意に目の前が真っ暗になったら、まずは手を伸ばして周りに何か触れるものがないか?という確認動作をしますよね。視覚を失った場合に、まず頼りになるのは触覚なわけです。

では、それくらい敏感に鋭くなった触覚な状態で、普段通りの愛撫をしたらどうなるか?それはもう、普段と同じとは思えないくらいに感じてしまうんですね。たかだか布一枚でここまで激変してしまうのですから、人間というものは面白いものです。

もっとも、ただ目隠しだけをつけてハイいつも通りね、というのではその効果も半減してしまいます。

目隠しプレイをより引き立たせる工夫というものが必要になってきます。

目隠しプレイを盛り上げるための工夫

それは、相手を不安にさせる、ということですね。もっとも度合いがありますので、不安にさせすぎてもいけませんが、安心させすぎてもいけません。一体何が起きているのか、見えないからわからない…というちょっとした不安を煽る状況を作り出すのです。

例えば、不意に触れるのをやめて微動だにせず気配を消してみましょう。相手からしたら、ほんとにその場からこつ然と消え失せてしまったように感じるのです。当然、相手はあなたを探し始めます。手を伸ばして手探りであたりを確認しだすかもしれませんし「ねえ、どうしたの?どこにいるの?」と声を発して問いかけてくるかもしれません。

それでも、そこはあえて無視。1分ほどは完全に放置してみましょう。その慌てふためく様子を観察するのも、愉しいものですしね。ただ、ここで放置しすぎて本当に不安にさせてしまうのもいけません。明らかに本当に怖がってしまう前に、戻ってあげましょう。そうすることで相手の声や体温を再び感じることができ「帰ってきてくれた!」という安心感を与えることが出来ます。

戻り方にしても、いきなり抱きしめてみてもいいですし、まずはそっと息を吹きかけて期待感を煽ってみるのもいいでしょう。どちらにせよ、少しでも相手の気配を感じようとした結果、感度は相当に上がっていますので愛撫するチャンスですからね。普段のノーマルなセックスでは決して見ることができなかった、身体を震わせて全身でビクビク感じる姿を目にすることが出来るかもしれません。

目隠しを許すのは、信頼の証でもあります

そんな至れり尽くせりに思える目隠しプレイですが、出会い系で会ったばかりの男女がすぐ行うにはリスクもあります。もし相手が悪意を持った人であった場合…それは男性でも女性でもどちらでも、何をされるかわからない、何をされてもおかしくない状況になってしまうからですね。

よくある話としてはホテルに女性を連れ込み、先にシャワーを浴びてきてと言われたから浴びて出てきたら、財布を盗まれて逃げられていた…なんてのがありますが、目隠しもそれと同様のことが出来てしまいます。最近であれば、カメラが携帯に付いているのは当たり前ですし、アプリによってはシャッター音なり録画開始音なりを消すことが可能ですので、目隠しされている間に写真や動画を撮られてしまうかもしれません。

目隠しだけならまだしも、もしそこから手足まで縛られてしまったら…そこから、凶悪な犯罪に発展してしまう可能性だってなくはないのです。なので目隠しプレイを提案する場合は、ある程度親しくなってからがいいでしょう。提案された場合も同様です。それなりの信頼関係を築いてからのプレイをおすすめします。

あなたは出会い系(人妻)に対してなにを求めていますか?

出会いを実際に探す前に、まずは、あなたが出会い系の人妻に何を求めているかを、きっちりと自分の中で決めておきましょう。初心忘るべからずといいます。最初のスタートはとても大事なものなのです。

出会い系(人妻)に何を求めるかというのは人それぞれではありますが…大きく分けて、この3つに分かれるのではないでしょうか。

  • ずばりセックス!セックスしか考えてません!人妻とセフレになりたい派
  • セックスは結果としてあればいい。デートや共有する時間を大事にしたい派
  • 別に会えなくてもいいから、人と交流をしたい…というさみしがりや派

とはいっても、圧倒的に多数派は「人妻とセフレになりたい派」だと思われます。だって、出会い系ってそういうところでしょう! と、私は思っています。

でも、だからといって、デート目的や交流目的の人を否定するわけではありません。男性に限らず、そういうものを求めている女性だっているのですから。ただし、セックスのない出会いなんて、女性にとっても少数派だということは覚えておいてください。なんせ、人妻なのに出会い系に登録してしまうような人は…そんな純情な出会いよりも、ドロドロとしたセックス不倫を、肉欲として求めていることが多いのですから。

男女ともに大多数を占めるセックス目的

出会い系というのは本当に素晴らしい場所だと思います。同じ目的を掲げる…つまりセックスがしたい男性と女性をピンポイントで結びつけてくれるのですから。これが昭和の時代だったら、どれだけ大変だったことでしょう。アダルト雑誌での文通だったり、あるいは時間もお金もかかってしまうテレクラだったり……出会う手段は数えるほどしかありません。しかも、それらは、女性にとってはとても気軽とはいえず、敷居が高いものでした。そのため、数少ない女性を多くの男性がお金と時間をかけて奪い合うというなんとも凄惨な時代でした。

それが今やどうでしょう。携帯電話をつかえば、いつでも、どこでも、気軽に無料で出会い系にアクセスでき、ものの数分で同じ目的を持つ異性を見つけることが出来るのです。これって冷静に考えるとものすごいシステムだと思いませんか?これはもうテクノロジーの恩恵としか言いようがありません。昔の人がしたくてもできなかったことを、いまでは指一つ動かすだけで5分でできちゃうんですから、この恵まれた時代でそれを活用しない手はありません。

そしてもうひとつ変わったことと言えば女性のセックス観でしょう。昭和の時代の女性というものは性に対して興味を持ったり、それを表に出すことはとても恥ずかしくはしたないことだという風潮に押しつぶされてきました。

人間として生まれたんだからセックスがしたいのは当たり前じゃないですか!それは男性も女性も同じことなんです!あんなに気持ちがよくて幸せになれる行為、それもお互いの身さえあれば誰でも出来てしまうことなんて、セックスをおいて他にありません。

いまはテレビでも深夜帯であれば平然とプライベートなセックスの話題を芸能人が赤裸々に話していますし、インターネットの普及のおかげでいろんな価値観が浸透するようになりました。その結果、肉食系女子…つまりセックス大好き女子なんて言葉も生まれてくるくらいですし、女性がセックスを求めてもそれを恥じる風潮というものは完全になくなりました。その結果、出会い系でも自分の欲望をあけすけに解き放つ女性が急増しているわけですね。

そんなバカなことが…と思う人は、一度試してみてください。こちらで紹介している優良な出会い系に登録して、掲示板にただ一言、書き込んでください。

男としての自分を取り戻すべく、登録しました。同じように女としての自分を取り戻したい方がいましたら、一緒にお食事でも行きませんか?その後、気が合えば…お互いが望むことを一緒にできればと思っています。

これをそのままコピペするだけでも構いません。びっくりするほど、簡単に人妻が釣れてしまうことでしょう。女性はこういう遠回しな表現が大好きなのですから。

出会い系サイトの必勝法は人妻を狙うことです

出会い系サイトの必勝法は人妻を狙うことです。そう断言してもいいくらい、普通の女性よりも不倫人妻を攻略するのは簡単なのです。

なにせ、不倫人妻は、恋人を作るために出会い系サイトに入会するのではありません。セックスのために入会しているのです。

であれば、わたしたちと利害が一致する関係なのです。

恋人を作るために・真面目な恋愛をするために・お友達をつくるために。そんなわけのわからない女の子の相手をしているヒマはありません。セックスのために、一直線に不倫人妻を攻略しましょう。

出会い系サイト知り合った人妻とのラブラブエッチ!

1週間前に私は、人妻(33歳)と出会い系サイトで知り合い、エッチしてしまいました。

きっかけは、彼女が書いている日記に『最近、主人と夜の生活が、うまくいっていない。』と書かれていたので、気になって『大丈夫?』とメールをしたら、『ありがとう!』と返事が来て以降何度かメールでのやり取りをしたら、『1度会って話したい。』とメールが来たのです。

もちろんOKして、会ってみると、彼女は、33歳の割には、とても若く見えて、こんな彼女とエッチしないしなんて!と思いつつ、彼女の話を聞くと、彼女は、専業主婦で、時間があるので、いつもエッチのことばかり考えているのですが、ご主人は、仕事があるので、エッチは、土曜日の夜にするのが定番になっているのだそうです。

彼女としたら、平日もしたいのですが、次の日仕事だからと言って、してくれないんだそうです。

これは、難しい問題かなと思いました。

男としては、エッチしたいけど、仕事で疲れて帰ってきて、エッチするのは。

しかも、帰ってくる時間が夜9時頃だと余計にしたくなくなりますから。

そこで、私が冗談で『他の男性とエッチしたら?』と言ったら、『そうしようかな。じゃあ、今日する?』と言ってきたのです。

私は、とっても嬉しいですけど、『ホントにいいの?』と聞いたら『いいの。だって、してくれないのなら誰か探すしかないじゃない。』と言われて、納得しましたけど、彼女、エッチしたいんだなと思いました。

『今日は、ご主人大丈夫なの?』と聞いたら、『今日は、友人と飲み会があると言ってるから大丈夫!』と言われました。

時間がないので、彼女とは、ご飯を食べてから、すぐにラブホテルに行きました。

部屋に入ると、お互いに服を脱いで全裸になると、一緒にシャワーを浴びて、さっぱりした後、ベッドへ。

その時、じっくりと彼女の全身を見たのですが、ホント、33歳には、見えない体で、くびれもちゃんとあるし、おっぱいも全然垂れていないし、とても美味しそうでした。

その美味しそうな体を舐めると、彼女から『ああ!いい!』と声が出て、感じ始めた様子。

さらに、とても感じる乳首を私の舌で、ツンと突いただけでも『いやん、ああん!』と声を出してとても感じていました。

次に私は、彼女のお〇んこに顔を埋め、お〇んこを見ました。

こちらも体同様にとても33歳とは思えないピンク色をしていて、つい見入ってしまいました。

そして『お〇んこ、綺麗だね。』と私が言ったら、『恥ずかしい。見ないで。』と言いましたが、さらに見続けると『ほんとに、見ないで。』と体をよじってきたので、両手で、足を固定して、さらに見続けると、『もう、見ないで~。』と言った後、白い液体が、彼女のお〇んこから湧き出るように出てきたのです。

その白い液体を舐めると、『あああ!いや~、キモチイイ!』と彼女は、今までよりも大きな声を出して、感じていました。

その後、69の体勢となり、彼女が私のお〇んぽを舐め始めました。

最初は、先っぽを中心に舐めていましたが、その後、竿、そして、袋まで舐めてくれました。

袋は、吸うように舐めてくれたので、とても、気持ち良かったです。

私も負けじと右手で、彼女のクリトリスを触りながら、お〇んこの中を舐めていると彼女から『お〇んぽ、いれて。お願い!』と言ってきたので、入れることに。

彼女に最初は、どんな体位がいい?と聞いたら、小さい声で『バックがいい。』と言ったので、バックで入れることに。

彼女を四つん這いにさせ、お尻の穴が丸見えの状態で、ドンドンと彼女のお〇んこの中に入っていく私のお〇んぽ。

お〇んぽが入るごとに『ああ、いい!、入ってく~。』と声を出す彼女。

そして、私が腰を動かすと『あん!、あん!あん!』と腰の動きと連動するかのような声を出して感じる彼女。

彼女の声は、ほんとたまりませんでした。

次に、騎乗位をして、彼女のお〇んこが、私のお〇んぽを包み込むように入れた時、彼女から『奥まで入りそう。ああ!入った~。』と声をだしたのです。

騎乗位でも、私の動きに連動して、『あん!、あん!あん!』と声を出し、最後は正常位で、『ああ!いっちゃう!!いく~』と声を出して、絶頂感を味わい、その後、私のザーメンを口元に受けて、ザーメンの味も味わいました。

終わった後、『とても、気持ち良かった。今日あなたとエッチ出来て最高だった。』と言われました。

その後、彼女とは、平日の昼間にエッチしています。

ただ気をつけてください。「人妻とバンバンセックスしているときには不倫バレに注意」なのです。それだけは徹底的に気をつけるのです。

大切なのは、不倫をしていることを誰にも話さない、相談しないということです。まず終始行うことは「どんな証拠も残さない」ということ。

不倫をするときは自作自演をすると万が一の時も安心

不倫をしていてもバレる人とバレない人がいます。遊び人の友人から絶対にバレない方法をいくつか教えてもらって実行した結果、本当にバレずに不倫続行しています。

その方法はまずはSNSで不倫相手と繋がらないことです。

SNSでやり取りをしてしまうと何らかの形でバレてしまう可能性が高いので極力浮気相手や不倫相手とは必要以上に繋がりを持たないことが大切になります。もし携帯を見られても不審に思われないように不倫相手の名前は男性の名前にしておいた方がよいかもしれません。

ダミーの女性を何人か作っておくのもよいです。今はフリーアドレスをいくつも入手することが出来ますから自作自演をたまにしておくのです。

奥さんがもし携帯を見たとしたら真っ先に女性とのやり取りのメールを見ると思います。その時の為にフリーアドレスから自分の携帯にメールを送っておいて内容も仕事の内容にしておけば怪しまれません。これはもし万が一携帯を見られてしまったときであって、極力家の中(奥さんの前)では携帯を弄らないようにしておくことが重要なポイントになります。

奥さんには仕事の時間を偽って終電近くまで仕事をしている設定にしておけば仕事後に不倫相手に会ってから帰ったとしても怪しまれることはありません。奥さんにそっけなかったり冷たかったりすると女性はカンが良いので気づく可能性が高いと言えます。ですから優しく接することを心掛けるようにすればまず不倫を疑いません。

既婚者として子を持つ親として賛否両論はあろうと思いますが、社会と言う戦場で 妻子を守るべく戦う以上、ビジネスマンとしての企業戦士の本能以外に、「男としての本能」が同時に発生することは否めないんですよね。

自分を古のことわざにある色を好む英雄だとは思わないが、男たるもの何時もオスの本能を抱えて生きているなあと実感することは多いんです。

若い女の子の開いた胸元、通勤電車のOLのヒップライン、雑誌のグラビア、 ネットのアダルトサイト…中年オヤジの「男」を刺激するものは世に溢れている。だから悩ましい……。

しかしながら、結婚し家庭を築き、社会的にも責任を持たなければならない状況では、残念ながら時間的にも経済的にも自分の中の「男」が活躍する余裕は それほどあるわけではありません。

だから、「男としての時間」は上手に使いましょう。失楽園のような深みにドップリ漬かった恋愛でなく、仕事関係の女性との飲み会や接点のようにフランクでもなく、家庭のリスクを背負わない何にも縛られない自由な「男としての時間」が欲しいんです。

そして、そんな願望を叶えるのに出会い系サイトってピッタリなんですよね。

不倫セックスの魅力

ダウンタウンの「笑ってはいけない○○」という人気番組がありますね。どう考えても笑ってしまう状況なのに、笑うことができない。それがより一層おかしく、笑いたくなってしまう気持ちを引き立てる…という人間の心理をうまく利用した番組です。

それと同じような心理効果を得られる事があります。それは人妻との不倫セックスです。

不倫とは「倫理に不ずる」という名のごとく、社会一般では許されない行為です。そんな行為をしながらも感じてしまう自分。してはいけないのに、してしまう。この気持ちがあるだけで、気持ちよさと興奮度は段違いになります。

お互いに理性では今していることは間違っていること、と思いながらもそれを軽く凌駕するくらいの興奮をお手軽に味わえる不倫セックスはとても魅力的なものです。だって、普段は「他人の妻」として生活している女性を、今は「オレの女」として好きに出来るんですよ?優越感さえ味わえてしまいます。

即セックスできる人妻に会うにはどうすればいい?

わたしは、「人妻」という単語を見ただけで勃起しそうになります。

人妻系のAVばかりをよく見ている人、人妻を売りにしている風俗などをよく利用するという人などがいると思いますが、それぞれ人妻が好きである理由はあると思います。

あくまでも個人的な意見ですが、人妻の魅力は「背徳感」にあると思っています。 旦那さんや子供さんがいるのに、他の男とHをしてしまったり、性的な関係をもってしまうという、やってはいけないことをしている感じと、人妻の相手になったり、相手になった気持ちになることで自分もそれに加担して、さらに悪いことをしている感じはフリーの女性とでは味わえない特別な感情や快楽だと思っています。

セックスの経験豊富な部分などが好きだという人もいるかもしれませんが、私はむしろ経験が少ない人妻の方が興奮します。 男性経験が旦那さんしかないといった人妻と関係をもって、開発したり調教していくという流れはとても好きですし、さまざまな「はじめて」を奪えるということは嬉しくもあり、楽しくもあります。 旦那さんや子供には見せたことがない恥態や表情、声などを聴くことができれば興奮も高まりますし、達成感もあります。

さて、それでは、即セックスできる人妻に会うにはどうすればいいのかという話です。

街でナンパする、友人や知り合いの人妻を狙うといった手もあるかもしれませんが、リスクも高いですし上手くいく確率も低めでしょう。 そこで我々と飢えた人妻を結びつけてくれるのが「出会い系サイト」です。 一般的なチャットサイトなどではなく、「出会い系」ですから、人妻側もそれがわかっていて登録しているんです。

つまり、現状の生活や性生活に何らかの不満を持っていたり、ストレスが溜まっているので発散したかったり、危ない橋を渡ってみたいと願望が募っている人妻が集まっているということなのです。 そういう相手が集まっているわけですから、こちらとしても切り崩しやすいですし、話がはやいわけです。

あとはお互いが仲良くなったり好感をもたれるように努力していけばきっと出会えますし、先ほど言ったような「背徳感」と「特別な快感」を得られることでしょう。

ただし本物の人妻である以上、リスクは伴います。 揉め事になるかもしれませんし、修羅場が待っている可能性も否定はできません。 それをもってしても特別な快楽と背徳感を味わいたい、危ない橋を渡りたいという人には、たった今も危ない出会いを求めている出会い系サイトの人妻達を狙うことをおすすめします。

人妻を中心にアプローチすると出会える確率がアップ

出会い系サイトでより多くの女性と出会いたいと考えた場合に、人妻を中心にアプローチすると出会える確率がアップします。

なぜなら、人妻というのはリアル社会ではアプローチすることができないからですね。

旦那さんとの熱愛が永遠に続くなんて事は通常考えにくい物ですから、結婚から数年経った頃、人妻は欲求が満たされない、飢えた女性になっているのではないかという想像は、経験上だいたい合っていると思ってよさそうです。

出会い系サイトに登録して出会いを求めている人妻

そういう人妻にこちらからウマくアプローチする事で出会える確率はぐんとアップするはずです。

大手出会い系サイトは、年齢層も若妻から熟女まで幅広く、みなさんの好みの年齢層にしぼってアプローチできますので、なかなか出会えないという方は一度人妻にターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか。

今回は、私が出会い系で遊んだ時のおはなしです。

わたしの場合、まず5~10人程度の女性にメールを送りアプローチします。その中から手応えのある方のみメールを継続するわけですが、最終的にはメールのやりとりが成立しつつ継続出来るのはそのうち1人か2人程度。

今回の方は30代前半の人妻で旦那さんとのエッチはもう数年無いという話。メールでのエロトークも遠慮無く弾むタイプでした。

程なくしてデートの約束をとりつけ、待ち合わせ場所に車で向かいました。予定時間より少し早めについて彼女の到着をまつと間もなくして彼女も車で到着。彼女の車は駐車しておいて私の車で移動することになりました。

彼女のスペックは身長約160センチ程度、体形は中肉といった感じ。若干幼めの顔つきでどちらかというとカワイイ系。とはいえ中の下といった感じでした。出会い系で出会える人妻の中では上出来かなぁと、お前は何様だと言われそうな評価をしつつ車を走らせます。

ちょっとコジャレた居酒屋で食事をしながら話をします(お互い運転があるのでアルコールは無し)お互いにやや上げ気味のテンションで話ているうちにだんだんフレンドリーになってきます。ここ大事。

食事を終えて再び車を走らせますが、この辺りからエロトークをはさみます。既にメールでその手の話がOKなのは分かっているので気楽なものです。ただ面と向かってエロい話をするのは最初はコチラもやや恥ずかしいのが本音ですが(笑)

本番

そこそこにエロトークが加速してきたあたりで車をひとけの少ない所に止めます。停車したら間髪入れずに無言で肩を抱いて顔を近づけました。流石エロトークを平然とやってのける人妻だけあって動じる事無く、待ってましたの表情。とても嬉しそうな表情で口をチューと突き出す始末。ノリがいい。

私も空気を読んでタコのような口を突き出し冗談みたいなチューをしすると彼女が笑いながら両手を私の肩にまわしディープキスをせがみにきます。欲求不満人妻のこういうリアクションがたまらなく興奮します。

ひとたび唇を合わせると早々に飛び込んでくる彼女の舌の動きがたまらなくエロい。時々「んっ」なんて声を漏らしながらべろべろと絡みつく舌の動きに私のアソコも力が入ってきます。

やがて私の右手は彼女のおっぱいへ。服の上からとりあえず揉んで見ます。車の中だと嫌がる子もいるのですが、お構いなしの様子だったのでここは遠慮無く。

上着とシャツを脱がせてブラジャーをまくり上げると、飛び出すイヤらしいおっぱい。ガッツリおっぱいを揉みまくり、乳首をコリコリするとスケベな鳴き声が聞こえてきます。

激しくおっぱいをモミながらまたディープキス、彼女は体をくねらせながら、乳首を固くしていきます。彼女の手をとり、私の股間に持ってくるとズボンの上から激しくしごき始めます。

間もなくチャックをおろし、ズボンの中に手を入れてきました。

直接しごかれ始めるとかなり気持ちよくなってきてしまったので、「場所を変えよう」とホテルへ移動することにします。残念な事にカーセックスするには私の車はやや不便な構造なのです(笑)できないことはないのですが、ここはやはりノビノビやりたい。

ホテルへ移動後は終始はしゃぎっぱなしの彼女。やりたくて仕方なかったと言わんばかりのエロさっぷりは人妻ならではといった所でしょう。

「旦那にもこんな事したこと無い」といいつつ騎乗位で見事な腰振り、多分AVで見たのでしょう。今の所この子の騎乗位が私の経験した女性では一番良かった(笑)

その後、彼女とは何度も会ってはヤルを繰り返し、概ね数ヶ月は楽しませて貰いました。人妻さんはカッコをつけたデートプランなども殆ど必要なく、ほとんど食事してホテルというコースでお手軽なのも魅力です。

人妻といっても多少タイプの違いはありますので、いつも同じパターンで大丈夫かというとたまに例外はありますが、リアルに会った段階でその後の展開はほぼ決まりといっていいと思います。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫

したくなったらいつでも簡単にセックスができて、別れるのが簡単で、「結婚しよう」とか言い出さない都合のいい不倫人妻セフレが欲しいんだけど、出会い系と聞いて尻込みしている方には特に、声を大にして言いたいことがあります。

出会い系は不倫人妻セフレの宝庫です。ここに入らずしてどこでセフレを探すんですか?

何事も習うより慣れろです。出会い系サイトも全く同じ。まず始めないことには何も始まりません。

最初はブスでも気にしない

出会い系を使うことに躊躇する理由として、どういう相手が出て来るか分からないので、使いたくないという不安感がかなりを占めます。

確かに、出会えてもデブスでは、期待した分ガッカリして落ち込むのが関の山だから、最初からやらない方がいいという忠告は一見、的を得ているかに見えます。

しかし、いったん街に出たり周囲を見渡せば分かるように、世の中には可愛い人もいれば不細工に生まれついた人もいて、それでつりあっているようなところもあります。

出会い系サイトも世の中に存在している以上、可愛い人もいれば、不細工な人も登録しているのは仕方ありません。

それを否定すれば世の中を出て、人でなしの国に行くしかなくなります。

いくらなんでも人でなしの国より人の世の方が楽しいだろうと思い直せば、出会い系サイトはとても楽しい世界だということに気が付くはずです。

人の世ですからブスが出てくることはあります。しかし、出会い系サイトのブスは世の中で出会うブスとはちょっと違います。大きく違うといってもいいかもしれません。

世の中のブスは、ブスであってもやらしてくれるとは限りません。むしろブスほど男と接する経験が乏しいために、やり方さえわからないでいたりします。やらせてくれないブスほど痛いものはないですね。

ところが、出会い系のブスは、いくらでもやらせてくれます。本人がやりたくて登録をしているから当然なのですが、ブスであることに引け目もありますから、面倒な駆け引きさえ要りません。

ですから、やることを目的としている出会い系でブスに当たるのは、そんなに悪いことではないんです。

ブスで場数を踏むと上玉に会えるようになる

確率的に見て、出会い系でブスに当たる頻度は、街で不細工な女性を見かけるのと大差ありません。誤差があっても、せいぜい若干ブスが多い程度です。

ところが不思議なことに、出会い系サイトを使い始めた当座は、なぜかブスと当たります。

出会い系サイトの洗礼かもしれませんし、ジンクスかもしれませんが、とにかくブスが出てくるものなのです。

しかし、世の中にブスもいれば可愛い人もいるように、出会い系サイトとて例外ではありませんから、それはそれで受け入れる他ありません。

それではいつも、いつまでもブスと当たるのかといえばそんなわけはなく、突如として可愛い人と会えるようになるのも出会い系サイトなのです。

これまた不思議なのですが、ブスの洗礼を浴びた後は、まるで口直しをしなさいといわんばかりに、出会い系サイトが可愛い人を回してくれるものなのです。

考えてみると、続けていれば確率統計的にそうなることは当たり前ではあるわけですが、しかしそうした確率論では説明の付かない不思議な力が働いている気がします。

おそらくこれは、出会い系サイトをある程度の期間使っている人なら、誰もが抱いている感覚ではないかと思います。

大事なのはノウハウよりも感覚

出会い系サイトで出来るだけブスは避け、可愛い人と会えるようにするためのノウハウを伝授するサイトが散見されます。

そうしたサイトのノウハウを参考にすれば、ブスを避ける上である程度役に立つことは間違いありません。

しかし、出会い系サイトで出来るだけ可愛い、好みの女性と出会うために大事なことは、ノウハウよりも感覚的に身に付けたある種の”勘”のようなものであるのも、また確かなのです。

そうした勘を身に付けるには、何度もトライアル・アンド・エラーを実際に繰り返すしかありません。

ブスとの遭遇は、痛い経験かもしれませんが、ノウハウよりも大事な勘を養う上で、避けて通れない体験ともいえるのです。

そして、この勘を身に付けると出会い系サイトでは、街の中より可愛い人に会いやすくなります。

なぜなら、街の中や限られた交際範囲では、ブスだけをスポイルして避けることは案外難しいものですし、そんなことをすればブスに反逆されて大変なことになります。

ところが、出会い系サイトではそんなことは当たり前ですから、要領さえ身に付ければ実社会より、よほどブスは避けやすくなるわけです。

その要領とは繰り返しになりますが”勘”ですから、的確な言葉で説明することはしにくいのですがただ、出会い系サイトを使っていれば自然と身に付きます。

最初に申し上げたとおり、始めなければ何も始まりません。尻込みをしている限りこの勘を身に付けることは出来ません。

まず始めることです。そしてブスで痛い目を見てください。その後、想像もしなかったような女性とめぐり逢えます。それが出会い系サイトの出会いです。

AV観ながらのセックスってアリ?!その魅力とやり方

_5636cb4faf5de毎回同じようなセックスでは、流石に互いにマンネリ気味になってしまうものです。

日々のセックスに新たな刺激を加えるために、場所を変えて雰囲気を作ってみたり、○○プレイをやってみるといった方法などもありますが、その中に「AVを観ながらのセックス」というのがあります。

雰囲気作りや気持ちの高揚などに使えるだけでなく、新しい体位やプレイなどもセックスに取り入れられるかもしれません。

AVを観ながらするセックスの魅力を知って、マンネリ気味な営みに、新たな刺激を加えてみませんか?

意外と多い? AVに興味を持つ女性

AVはやはり男性がオナニーの時などに観るもので、女性は観ないものと思いがちですが、女性でもAVに興味を持っている人は多いです。

最近は、スマホやPCの普及により、女性もひとりエッチのおかずなどにAVを観る人も増えてきています。

  • 「こういうやり方もあるんだぁ」
  • 「こうやった方が気持ちいいのかも?」
  • 「この体位やプレイ気持ちよさそう」

初めて観る時などは抵抗があるようですが、観始めると止まらなくなり、AVの魅力にハマっていく女性も多数。

男性はAVやエロ本などで、セックスの体位やプレイに関する知識を得て、自分のセックスに取り入れるということをしますが、女性はあまりしません。

性への関心が高い女性は、自分で調べることもしますが、大概の女性は相手の男性がする体位やプレイで覚えていく人がほとんどです。

相手を気持よくさせたいし、自分も気持ちよくなりたい…その気持ちは想い合っていれば当然抱くもの。
AVをきっかけに性への興味を高め、セックスでより快感を求める女性も少なくはないのです。

実際にAVを観ながらセックスする方法

1.AV選びはお互いの好みを重視して

初めて彼女とAVを観ながらセックスする場合は、観るAV選びもとっても重要。

前もってそういうセックスをしようと誘うのもアリですが、事前に用意しておくのもサプライズ的な感じで面白いかもしれません。

AVの内容は、自分がやってみたい体位やプレイが収録されているものがおすすめ。それを2人で観れば魅力を感じることができ「やってみよう!」という流れに持っていきやすいです。

ただし、陵辱やレイプ、ハードなプレイなものを最初から観るのはNG。あまりにも激しいものだと、女性が引いてしまう可能性もあるため、まずはソフトな内容なものから始めましょう。

出演女優は、極端な熟女や幼女体型でなければ問題ありません。相手のルックスや胸のサイズなどに合わせた女優選びであればOK。ただし、彼女とタイプが違いすぎると、「実はこういう女性が好みなの?」と誤解を招いてしまう恐れもあるので注意が必要です。

2.AVの真似をしてみる

AVを観始めれば、互いの気持ちは昂ぶり自然とセックスする流れへ。

でも、そこでいつもと変わらないセックスをしてしまっては勿体無い!せっかくAVを観ているんだから、AVでしているプレイや体位などにチャレンジしてみましょう。

しかし、実際試してみるとうまくいかず、気持よくない・・・なんてこともあります。
でも思い出してみてください、初めてのセックスは誰しもうまくいかないもの。
プレイや体位もそれと一緒、徐々に慣れていきコツを掴んでいけば、それは必ず新たな快感へと繋がっていくんです!

「もっとこうしてみると良いかも?」、「こっちのほうが気持ちいい!」など、セックスの中でコミュニケーションが生まれ、そのプレイや体位を自分達のものにしようと、互いにセックスに夢中になれます。

そうやって2人で育んだプレイや体位は、互いのセックスバリエーションの1つとなり、日々のセックスでの選択肢が広がることでマンネリ防止にも。

AVをきっかけに、セックスに新しい要素を加えられるのも、このプレイの魅力の1つなんです。

3.フィニッシュは2人だけで

2人でAVを観るのに夢中になってしまって、そのまま最後まで観てしまう。

それもそれで楽しいかもしれませんが(笑)、観終わってしまうと充実感と満足感で、セックスにもっていきにくくなってしまうので、途中でセックスの持ち込んでしまいましょう。

AV中盤のプレイや体位は観ながら参考にするも良いですが、フィニッシュのシーンはなるべく観
ないように!

AVはあくまでセックスを盛り上げるために観るもの、2人のセックスが終わりに近づいた時は、そっとAVは消して、2人だけの空間にしたほうが相手の女性も喜ぶに違いありません。

すべての女性がAVを観たがるわけじゃない?!

実は、AVを観ながらのセックスは、メリットだけでなくデメリットもあります。

男性の殆どはAVを好み、観る人は多いですが、女性は観たことがある人は少なく、そもそもAV自体が嫌いな人もいるのです。

AVを観ながらセックスをしたいと思っても、相手が観たがらないのに無理に観せるのは絶対にしてはいけません。相手の機嫌を損ねてしまい、セックスどころではなくなってしまいます。

AVの内容も同様に、相手が好まない内容だった場合は、大人しく観るのをやめましょう。こちらが好みでも、相手に不快な思いをさせてまで観るものではないので、相手の反応を見ながら観るか観ないかを判断すると良いです。

AVの真似をして相手を気持ちよくさせたいと思っても、それが相手にとって気持よくない場合もあります。無理に強要すれば「私じゃ満足しないんだ」と相手に誤解を与えてしまう恐れも……。

そのためAVを観る時は、相手に嫌な思いをさせていないかを確認してからすることをオススメします。

する時は相手の気持ちを大切に

AVを相手の女性と一緒に観ることで、気持ちの高揚や雰囲気作り、新たなセックス要素などの発見などに繋がり、いつものセックスをより魅力的なものにすることができます。

ですが、それはあくまで相手も一緒に楽しめるものであることが前提。

自分が気持ちよくなりたい、気持よくしたいという独りよがりな言動で相手に不快な思いをさせてしまっては意味がありません。

する際は、しっかり相手の気持ちを確認し、お互いが嫌な思いをしないようにトライしていきましょう!