僕が出会い系を始めたきっかけは…熟女AVに触発されて熟女とエッチしたくなったからです

アダルトビデオの熟女ものを見るのが好きで、興味が高じてどうしても実際の熟女とアダルトビデオのようなことを経験したくなりました。

かといってアダルトビデオに男優として出演するのは恥ずかしいので、手っ取り早くネットで熟女を調達したいと思い、出会い系に登録してみました。

ただ、出会い系はサクラが多いと聞いていたので、最初は料金の発生しない出会いシステム(もっぱら相性判断のあとメール交換の仲介のみ)を利用しました。

すると最初疑っていたサクラやネカマの類には全く引っかからず、またあまりにうまい具合に話が進展するので美人局かとも思いましたが、そうした怖い思いもすることなく、本物の熟女さんと出会うことが出来ました。

また、会う前に写真交換、ビデオチャットも済ませておきましたので、大きな外れもありませんでした。

この一連の経験は、わたしにとってはすごい驚きの連続でした。というのも、わたしの周囲にアダルトビデオの内容さながらの遊びが出来そうな熟女さんは一人としていなかったからです。また、いなかったからこそアダルトビデオを好んで見ていたわけだからです。

それが出会いシステムに登録しただけで複数の熟女とメール交換が出来るようになり、さらにはビデオチャットでアダルトビデオの男優さんがAV女優さんに投げかけるようなエロい台詞を浴びせようものなら、メールで知り合っただけの人妻さんが目の前のカメラに向かって股間を自ら開いて花びらを押し広げたりするのですから・・・・・・

会うのはたやすいことでした。というより、40代、50代の人妻さんの場合、単なる遊びでメール交換をするような人はまずいないと思って間違いありませんから、逆にいつまでも会わずにネットでだけ遊ぶのは不可能です。そんな暇に付き合ってくれる人の方が少ないくらいです。

このこともわたしには驚きでした。ネットで知り合った人はネットだけのことで、現実には相手にしてくれないとばかり思っていたからです。

何人かの人妻さんとメール交換しましたが、会いたがらない人は一人もいませんでした。実際全員ではありませんが、双方の都合のついた人妻さんとはすべて面接をしました。

面接までの最短はメールを始めてから一週間で、長くても一月後には会いました。

会った後のやり取りは人妻さんのタイプによってまちまちでしたが、共通しているのは会う目的がエッチにあることです。誘い方、誘われ方もまちまちでしたが、ホテルに行くのはそれほど難しいことではありませんでした。

一人だけ会った当日ホテルに入ることをホテルの前で拒まれましたが、その方も後日自分から再度会いたいとメールを寄越されましたので、結局会った全員とホテルに行くことが出来ました。

こんなことが出来ることが不思議でした。アダルトビデオを見ていた頃は、自分も男優さんたちみたいなことをしてみたい、でも適当な相手がいないから無理だと考えていたからです。

それが出会い系によって叶えられました。しかもそこには、性と遊びに餓えた人妻さんがごまんと登録していますから、まさにメールやチャットの手間を惜しまなければ、誰でも釣れる状態です。

わたしだけが偶然ネトナン率100%だったとは到底思えません。わたしは容姿も普通で口もうまいわけではありません。ただ、熟女に興味があっただけです。興味があったから40代、50代の女性と仲良くなれたに過ぎないと思います。興味さえあれば、誰でも成功すると思います。

試してみてください。

欲求不満熟女を探してヌイてもらいました

欲求不満熟女を探してヌイてもらいました

出会い系サイトの掲示板に『癒し募集』といった内容で記載しました。すると52歳の女性からコメントをいただきました。掲示板の内容はエッチな内容にしておいたので、それを見てくれてるので僕がエッチ相手を探していることも知ってくれている様子です。

彼女はサイト自体初めてで、人の妻なのですが、普段にはなんの不満もないけれど、少し刺激がほしいということらしいです。サイトではまだ会ったことはなく、暇な時間もなかなか取りづらく少ししかないのだそう。正直イケるか、と不安でしたが、仕事で彼女の住んでるところを近く通ったので、そのタイミングでメッセージしてみると、たまたまこのサイトを見ていたようで、近くにいたら少し会ってみたいと言われ近くで待ち合わせることになりました。

大型のショッピングセンターの駐車場で待ち合わせしました。隣に黒塗りのスポーツカーが隣に止まり、僕の車に乗り込んで来ました。スタイルの良い女性で、ショートヘアーが素敵な彼女でした。初めてなので何を話したらいいか緊張していた様子でした。

普段のこと、旦那のことなどを話すと次第に打ち解け、車か小さかったので肌がふれあいました。そうしたら突然向こうから抱きつかれ、「このままどっか連れてってほしい」とお願いされたので、そのままホテルへ直行しました。

ホテルで彼女はそれまでとは違い積極的に誘ってきました。本当に人が変わったかのようにいらやしい手つきでチンポを舐めてきたり、本当にエッチなことをしてきました。騎乗位で僕のチンポをはめながら、電マを自分でクリトリスに当てて、何度も激しく腰をふり、僕がイキそうになると、「イッちゃうの…?イッちゃうのぉ?…もぅ、、、まだダメよ」といらやしい声で何度も焦らされ責めてきました。

薄暗い部屋が余計に興奮させ、なんとも言えない人妻の肉つきがたまらなく、妖艶でした。我慢できず、思わず中出ししたいと、強く思いドバドバのの精子を彼女に注ぎました。彼女も電マをクリトリスに押し付けながら潮吹きしながら乱れ、2回ほどイッていました。

すごくよかった、とそのあとは何度もキスをしてその場限りの愛を育みました。しかし、お昼間に家を抜け出してきただけあって、帰らなきゃいけないと言うことで、あまりイチャイチャできる時間なかったので終わったらすぐにホテルを出ましたが、そんな簡単に人が変わるか、というくらい人妻の顔に戻っていました。

また元の場所に送るとショッピングセンターで買い物していくと、颯爽と帰っていきました。夕方メールをみてみると、「こんなことして結構恥ずかしかったけれど、いい思い出になりました、ありがとう」と送った後にはメールをいただきました。たった一回のセックスでしたが、少し甘酸っぱい思い出をくれたような気がします。

出会い系サイトで人妻が攻略しやすい理由とは

人間の生活に必要なものは多く存在しています。しかし、多くの人間が知らない世界がここにはあります。特に刺激を求めて生活をする場合、出会い系サイトの利用というのは基本です。ここには人妻などの魅力的な相手が常に存在しています。

そういった相手は様々な家庭環境で困っており、誰かに助けなどを求めているのです。そこで男性が出会い系サイトを使って実際に会うのです。人妻と出会うことは男性側にだけメリットのあるものではないです。

実際には人妻も異なった男性を知ることで、新しい人生観などを見ることができるのです。そして、その出会いの最も楽な手段として今のインターネットサイトなどが利用されています。

出会い系サイトでの人気ジャンルが人妻です。その影響力は極めて大きく、日本では人妻の出会い系サイトが拡大しています。その中には手軽に出会えるサイトや、更にジャンルを絞った内容があります。

そして、ここでは地域などを設定して探している人妻を発見できます。当然のように、今は出会い系サイトの危険も少ないため、メリットの多い環境で出会いを体験できます。

そして、出会った後は自分の好きなように相手とコミュニケーションをしていくことができます。様々な現実を考えてみると、出会い系サイトを利用していない人間は損をしています。ここには人妻などの魅力的な女性が多く登録しているのが現実です。

人妻が出会い系サイトに登録しているのは、主に新しい生活を求めているためです。こういった人妻は基本的に男性にも積極的という特徴があります。また、少しの優しい言葉で男性に心を開くケースも多いです。それほど相手は疲れているので、ここは優しく接してあげるのが重要です。

人妻の攻略のテクニックは、相手によって最善の行動をすることです。実際に会った時も人妻の都合に合わせることで、その後の展開も成功しやすいのです。男性としては受けに回ることも時には重要です。人妻との出会いではそのコツが大きく関係していきます。

様々な出会い系サイトを見てみると、本当に人妻の数は多いと感じます。また、インターネットの広告にも人妻がお勧めという紹介があります。こういった現実が証明しているのは、人妻が出会いを求めていることです。

だからこそ、人妻は攻略しやすいのだと感じます。自分が出会いを求めている時、誰かに話しかけられるとその気になってしまいます。そういった感情を上手く使うのが人妻攻略の大きなポイントです。

熟女をゲットした体験談

熟女をゲットした体験談をまとめました。わたしのつまらない体験をごらんください。

もっとたくさん体験談を読みたい場合は、出会い系サイト成功体験談 がおすすめです。

50代熟女キャディーさん

出会い系サイト知り合った人妻でキャディーをしているSさん。仕事柄たくさんの出会いがあるはずなのに、どうしてサイトをしているのか初めは不思議でした。何度かメールで会話をして打ち解けてきた頃、気になっていたその疑問を聞いてみました。

聞くところによると、出会いは確かに多く、おじ様達から誘われることも良くあるようです。でもゴルフは大会やコンペなどそのゴルフ場を利用するお客さんもたくさんいるにもかかわらず、どこで横のつながりがあるかわからない事もあり、うかつにお客さんと付き合ったりは出来ないようでした。

その後数回のメールのやり取りの末、こっそり会うことになりました。食事をしながら仕事の話をする中で、ゴルフ場にくるお客さんの話になり、手帳を見せてもらいました。

結構知っている会社名や人も出てくるもので、秘密情報も手に入れたりも出来ました。今でもたまに会うたびに情報を交換し、お互いの仕事に役立てています。

ここでの出会いが仕事に活かせる出会いになるなんて想像もしていませんでした。これからもいい関係を続けていきたいと思います。

メールから出会いまで衝撃の展開続きでエキサイトしながら魅了されていきました。

何の変哲もない平凡な日々が続きストレスも溜まっている中、出会い系サイトに登録し出会いを求めました。理想は同世代か年上で少し甘えさせてくれそうな方でした。いくつかのメールをやりとりしていく中で少し古風的な内容をいつもくれる方がいたので気になっていたのですが歳が5つ上で理想の範囲内でしたのでこの方に絞り中身を濃くしながら交流を深めていけたらと思っていました。

文章がとても綺麗で上品そうな方でしたので何をされているのかを問うと表具師をしているとの事でした。中々縁がない世界なので更に魅了されてしまいメールを続けて1ヶ月あまり出会う機会が訪れました。待ち合わせ場所に約束通りきてきれまして出会う事が出来たのですが、彼女はイメージ通り古風で何と着物を召してこられました。こちらは仕事帰りのスーツ姿だったので少し助かりましたがラフな格好だったら全く釣り合わない所でした。

表具師は先祖代々引き継いでいるみたいで彼女もその中の1人になったみたいでした。いつも人に会う時は着物らしくその姿が初めて見る自分にもよく似合っていました。比較的時間もとれるようでしたので週に1.2回は会う事が出来普通のデートが出来るまでになりましたが1回目のデートは博物館で掛け軸を見て回るものでした。

さつまいも農家の彼女との出会い

都内で産まれ育った私に転機が訪れたのは、28歳の時でした。転勤で親戚も友人も一人もいない四国に異動することになりました。

ちょうど長く付き合っていた彼女がいたのでこのタイミングでと思い、プロポーズをしたのですが「田舎には住めない」とまさかの断られるという結果になりました。

傷心のまま知らない土地での生活は大変で、娯楽施設や繁華街のない田舎では仕事と家を往復の毎日でした。

そんな時に出会い系サイトを知り、登録してみました。出会いが全くなかったので近くの子がいればと思い探してみるとさつまいも農家で働く彼女に出会いました。

連絡や写メを交換していると、とても素直で素朴な子でした。彼女もまた出会いが全くないので登録したとのことでした。食事に誘うと最初は戸惑っていましたが、OKしてくれて食事にいきました。

普段はさつまいも畑で仕事をしている為、50歳というのに体は元気。田舎から一度も出たことがないので何をするにも少女のように喜んでくれ、癒されます。こんな経験は初めてなので、大切にしていきたいと思える出会いでした。

熟女ブームってほんとにきてるの?

昨今、毎年のように熟女ブーム熟女ブームと言われていますが、本当なのでしょうか?

たしかに熟女そのものの人気が上がっていることはたしかでしょう。でも私達が日々暮らしているような、実生活で実感する場面があるかといえば、それはほとんどないですよね。では、なぜこうも熟女ブームと言われるのか?

それは…残念ながら?広告代理店の戦略でしかありません。熟女ブームと言われているのなら、この私だって化粧やエステにこだわり、高い服を買えばもう一度女として見られるのかもしれない!という女心を刺激しているのです。こうして、旦那が汗水たらして稼いできたお金が熟女の見栄に使われて…日本経済が活性化するわけです(笑)

なので熟女が好き!という男性は実はそう多くありません。だれだってそうでしょう。若くて可愛い女の子が好きな男のほうが圧倒的に大いに決まっています。でも、熟女ブームという言葉に踊らされて「勘違いをしている熟女」というのはとても増えています。

そういった熟女たちはてっとりばやくモテたいがために、出会い系を利用するわけです。ですが出会い系ではやっぱり若い女の子が人気なわけで……。不良在庫として熟女が大量に売れ残っているケースが多いんです。

まさに、私達のような「真の熟女好き」にとっては最高のシチュエーションだと思いませんか?自分好みの熟女を選びたい放題のなかからより好みできるんですから。このブームが収束してしまう前の、今がまさにラストチャンスかもしれません。

受け入れてくれるのが熟女

50代熟女って、若い人とは違った感じのお付き合いが出来ますね。

すごく秘密な関係を味わえます。

色いろあると思うのですが、わたしが個人的に一番いいと思っているのが「甘えても許される」ことですね。

どうしても男性というのは普段、なかなか弱いところを見せることができません。

それを押し殺して我慢するのが男らしい…という風潮も確かに正しくはあるのですが

やはり一人の人間として、すべてをなげうって甘えたくなる時もあります。

それを受け入れてくれるのが熟女というわけですね。

セックスレスが長引くとオナニーでも我慢できないのは男も女も一緒ですね!

みなさんも、お金はあっても身体は満たされない、そんな発情マダムたちを満足させてあげて下さいね。

なんだかんだ50代熟女というのは、これまでに結構なセックスを経験しています。亀の甲より年の功というわけではありませんが…やはり長く生きていればそれだけいろんなセックスの機会がありますからね。

ですが、アブノーマルセックスまで手を出している熟女というのは意外なほど少ないものです。なにしろ、今現在40~50歳前後の年代の青春時代といえば、エロ本一つを買うのにも苦労したものです。アダルトビデオなんてものも普及してきたのは成人を過ぎてからですし、人がどんなセックスをしているかなんてのは想像するしかなかったものです。

しかし、いまではインターネットで検索するだけで画像も動画も見放題な時代です。当然、出会い系に登録しているような性欲旺盛な熟女たちもそれらをチェックしていることでしょう。私もこんなことをしてみたかった…そう思っている熟女というのは、実はとても多いのです。

せっかく熟女とのセックスをするなら、アブノーマルなセックスをおすすめしますよ。大人の話題として、どんなプレイに興味がある?と聞いてみましょう。驚くほど饒舌に語り出すかもしれませんよ。

40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、私だって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

人妻は、アブノーマルなセックスを求めていることが多いです

人妻がなぜ出会い系を利用するか?といえば、それは刺激を求めているからなわけです。

刺激的だから、人妻はセックスをしたがるわけです。つまり人妻が求めているのは、セックスそのものというよりも、刺激的な行為というわけですね。

セックスが刺激であるうちはいいですが、そのセックスから刺激を得られなくなったとしたら……つまりマンネリ化してしまい、退屈なものになってしまった時、人妻というのは興味を失ってしまい、より刺激的なものをまた探し始めてしまうのです。つまり、他の男を探し始めてしまうのです。

こっちも飽きてきた段階であれば、都合がいいともいえるのですが、まだまだその人妻と愉しみたかった場合は悲しいですよね。実質、あなたからはもう刺激が得られないという死刑宣告みたいなものなのですから。男としても、なんだか悔しく感じてしまいます。

そんなケースを避けるためにも……もしくは、最初から絶大な刺激を与えてその人妻を虜にさせるためにも、ここではアブノーマルセックスのすすめをお送りしたいと思います。

一口にアブノーマルセックスといっても、ソフトからハードまで様々です

まず、相手がこれまでほとんどノーマルなセックスしかしてこなかったのであれば、絶対にソフトから入ってください。ハードSMはソフトSMの上位互換というわけではなく、まったくの別物なのです。ソフトSMが好きならイコールでハードSMも好きという式は成り立ちません。完全に住み分けができているものだと思っていてくださいね。

そして、もし相手がいきなりハードSMを求めてくるような熟練した人妻であれば…こちらが初心者であった場合、手に負えないことが多いです(笑)相手が教えたがりであったり、育てることに楽しみを見出す人であれば付き合ってみるのも面白いかもしれませんが、多くの場合はセックス観のギャップによる距離感を感じてしまうことでしょう。なのでここでは、あくまで相手がノーマルであり、ソフトSMから始めてみるというケースを想定しています。

では、ソフトSMと聞いてまずなにを思い浮かべるでしょうか?それは目隠しプレイだったり、手や足を軽くしばる緊縛プレイであったり、ローションやバイブなどを使ったプレイであったり、コスプレをさせてのプレイだったりと…様々かと思います。事実、それらのすべてはソフトSMプレイと呼ばれるジャンルのひとつになっています。ソフトSMプレイというものは、かなり間口が広いプレイなのです。

どれも気軽に始められるものではあるのですが、その中でもおすすめしたいのは「目隠しプレイ」ですね。緊縛プレイは慣れていないと変な縛り方やきつすぎる縛り方をしてしまい、怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれませんし、ローションやバイブ、コスプレなどは事前にモノを準備する必要があります。ですが、目隠しプレイというのはかなりお手軽に始められますからね。それこそ布一枚…ハンカチやタオル、もしくはその場でつけていたネクタイなどでも十分なのです。

お手軽なのに、効果な絶大な目隠しプレイ

目隠しプレイを体験したことがない人は、目の前が真っ暗になるだけなんでしょ?と、かなり軽んじてしまう傾向にありますが…実際、目隠しプレイというのはそのお手軽さからは考えられないほど、大きなリターンがあるプレイなんです。

まず、人間というものは視覚に大きく依存している生き物です。人間の五感としてあるものは

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」

の5種類がありますよね。ではもし、その中の一つだけを失ってしまうとしたら…まず何を選びますか?

この質問をした場合、その答えは様々だと思います。ですが、多くの人は「嗅覚」や「味覚」、あるいは「聴覚」などを選ぶのではないでしょうか。まず第一に「視覚」を失ってもいい、と答える人はかなり稀でしょう。実際、人間とは視覚に多くを頼っている生き物なんです。

では、もし視覚を失ったとしたら…

という体験が出来るのが、この目隠しプレイなわけです。みなさんも一度くらいは夜にブレーカーが落ちてしまったり、突然の停電が発生したとき、手探りでドアを開けたり廊下を歩いたりした経験があるかと思います。そのとき、普段住み慣れているはずの部屋なのにとても不安に感じませんでしたか?別に暗くなったからといって、誰かが襲ってきたりするわけでもないのに、早く電気を付けたい!安心したい!という気持ちが強くあったと思います。

人間というものは、本能として闇を恐れるようにできているわけですね。これはまだ火を扱うことさえ出来なかった太古の時代より受け継がれているものなのかもしれません。人は目の前が真っ暗になった時、まず不安を覚えます。そして視覚から得られる情報がなくなった代わりとして、少しでもより多くの情報を得ようとして、残された感覚器官がより鋭くなるという副次的効果もあるのです。

目隠しプレイにおいては、この「他の感覚が鋭くなる」という部分がポイント!なかでも触覚というものは、普段からは考えられないくらい敏感になるものです。もし不意に目の前が真っ暗になったら、まずは手を伸ばして周りに何か触れるものがないか?という確認動作をしますよね。視覚を失った場合に、まず頼りになるのは触覚なわけです。

では、それくらい敏感に鋭くなった触覚な状態で、普段通りの愛撫をしたらどうなるか?それはもう、普段と同じとは思えないくらいに感じてしまうんですね。たかだか布一枚でここまで激変してしまうのですから、人間というものは面白いものです。

もっとも、ただ目隠しだけをつけてハイいつも通りね、というのではその効果も半減してしまいます。

目隠しプレイをより引き立たせる工夫というものが必要になってきます。

目隠しプレイを盛り上げるための工夫

それは、相手を不安にさせる、ということですね。もっとも度合いがありますので、不安にさせすぎてもいけませんが、安心させすぎてもいけません。一体何が起きているのか、見えないからわからない…というちょっとした不安を煽る状況を作り出すのです。

例えば、不意に触れるのをやめて微動だにせず気配を消してみましょう。相手からしたら、ほんとにその場からこつ然と消え失せてしまったように感じるのです。当然、相手はあなたを探し始めます。手を伸ばして手探りであたりを確認しだすかもしれませんし「ねえ、どうしたの?どこにいるの?」と声を発して問いかけてくるかもしれません。

それでも、そこはあえて無視。1分ほどは完全に放置してみましょう。その慌てふためく様子を観察するのも、愉しいものですしね。ただ、ここで放置しすぎて本当に不安にさせてしまうのもいけません。明らかに本当に怖がってしまう前に、戻ってあげましょう。そうすることで相手の声や体温を再び感じることができ「帰ってきてくれた!」という安心感を与えることが出来ます。

戻り方にしても、いきなり抱きしめてみてもいいですし、まずはそっと息を吹きかけて期待感を煽ってみるのもいいでしょう。どちらにせよ、少しでも相手の気配を感じようとした結果、感度は相当に上がっていますので愛撫するチャンスですからね。普段のノーマルなセックスでは決して見ることができなかった、身体を震わせて全身でビクビク感じる姿を目にすることが出来るかもしれません。

目隠しを許すのは、信頼の証でもあります

そんな至れり尽くせりに思える目隠しプレイですが、出会い系で会ったばかりの男女がすぐ行うにはリスクもあります。もし相手が悪意を持った人であった場合…それは男性でも女性でもどちらでも、何をされるかわからない、何をされてもおかしくない状況になってしまうからですね。

よくある話としてはホテルに女性を連れ込み、先にシャワーを浴びてきてと言われたから浴びて出てきたら、財布を盗まれて逃げられていた…なんてのがありますが、目隠しもそれと同様のことが出来てしまいます。最近であれば、カメラが携帯に付いているのは当たり前ですし、アプリによってはシャッター音なり録画開始音なりを消すことが可能ですので、目隠しされている間に写真や動画を撮られてしまうかもしれません。

目隠しだけならまだしも、もしそこから手足まで縛られてしまったら…そこから、凶悪な犯罪に発展してしまう可能性だってなくはないのです。なので目隠しプレイを提案する場合は、ある程度親しくなってからがいいでしょう。提案された場合も同様です。それなりの信頼関係を築いてからのプレイをおすすめします。

あなたは出会い系(人妻)に対してなにを求めていますか?

出会いを実際に探す前に、まずは、あなたが出会い系の人妻に何を求めているかを、きっちりと自分の中で決めておきましょう。初心忘るべからずといいます。最初のスタートはとても大事なものなのです。

出会い系(人妻)に何を求めるかというのは人それぞれではありますが…大きく分けて、この3つに分かれるのではないでしょうか。

  • ずばりセックス!セックスしか考えてません!人妻とセフレになりたい派
  • セックスは結果としてあればいい。デートや共有する時間を大事にしたい派
  • 別に会えなくてもいいから、人と交流をしたい…というさみしがりや派

とはいっても、圧倒的に多数派は「人妻とセフレになりたい派」だと思われます。だって、出会い系ってそういうところでしょう! と、私は思っています。

でも、だからといって、デート目的や交流目的の人を否定するわけではありません。男性に限らず、そういうものを求めている女性だっているのですから。ただし、セックスのない出会いなんて、女性にとっても少数派だということは覚えておいてください。なんせ、人妻なのに出会い系に登録してしまうような人は…そんな純情な出会いよりも、ドロドロとしたセックス不倫を、肉欲として求めていることが多いのですから。

男女ともに大多数を占めるセックス目的

出会い系というのは本当に素晴らしい場所だと思います。同じ目的を掲げる…つまりセックスがしたい男性と女性をピンポイントで結びつけてくれるのですから。これが昭和の時代だったら、どれだけ大変だったことでしょう。アダルト雑誌での文通だったり、あるいは時間もお金もかかってしまうテレクラだったり……出会う手段は数えるほどしかありません。しかも、それらは、女性にとってはとても気軽とはいえず、敷居が高いものでした。そのため、数少ない女性を多くの男性がお金と時間をかけて奪い合うというなんとも凄惨な時代でした。

それが今やどうでしょう。携帯電話をつかえば、いつでも、どこでも、気軽に無料で出会い系にアクセスでき、ものの数分で同じ目的を持つ異性を見つけることが出来るのです。これって冷静に考えるとものすごいシステムだと思いませんか?これはもうテクノロジーの恩恵としか言いようがありません。昔の人がしたくてもできなかったことを、いまでは指一つ動かすだけで5分でできちゃうんですから、この恵まれた時代でそれを活用しない手はありません。

そしてもうひとつ変わったことと言えば女性のセックス観でしょう。昭和の時代の女性というものは性に対して興味を持ったり、それを表に出すことはとても恥ずかしくはしたないことだという風潮に押しつぶされてきました。

人間として生まれたんだからセックスがしたいのは当たり前じゃないですか!それは男性も女性も同じことなんです!あんなに気持ちがよくて幸せになれる行為、それもお互いの身さえあれば誰でも出来てしまうことなんて、セックスをおいて他にありません。

いまはテレビでも深夜帯であれば平然とプライベートなセックスの話題を芸能人が赤裸々に話していますし、インターネットの普及のおかげでいろんな価値観が浸透するようになりました。その結果、肉食系女子…つまりセックス大好き女子なんて言葉も生まれてくるくらいですし、女性がセックスを求めてもそれを恥じる風潮というものは完全になくなりました。その結果、出会い系でも自分の欲望をあけすけに解き放つ女性が急増しているわけですね。

そんなバカなことが…と思う人は、一度試してみてください。こちらで紹介している優良な出会い系に登録して、掲示板にただ一言、書き込んでください。

男としての自分を取り戻すべく、登録しました。同じように女としての自分を取り戻したい方がいましたら、一緒にお食事でも行きませんか?その後、気が合えば…お互いが望むことを一緒にできればと思っています。

これをそのままコピペするだけでも構いません。びっくりするほど、簡単に人妻が釣れてしまうことでしょう。女性はこういう遠回しな表現が大好きなのですから。

出会い系サイトの必勝法は人妻を狙うことです

出会い系サイトの必勝法は人妻を狙うことです。そう断言してもいいくらい、普通の女性よりも不倫人妻を攻略するのは簡単なのです。

なにせ、不倫人妻は、恋人を作るために出会い系サイトに入会するのではありません。セックスのために入会しているのです。

であれば、わたしたちと利害が一致する関係なのです。

恋人を作るために・真面目な恋愛をするために・お友達をつくるために。そんなわけのわからない女の子の相手をしているヒマはありません。セックスのために、一直線に不倫人妻を攻略しましょう。