出会い系サイトの必勝法は不倫人妻を狙うこと

la_grpb0010927560_0000000001pc出会い系サイトの必勝法は不倫人妻を狙うことです。そう断言してもいいくらい、普通の女性よりも不倫人妻を攻略するのは簡単なのです。

なにせ、不倫人妻は、恋人を作るために出会い系サイトに入会するのではありません。セックスのために入会しているのです。

であれば、わたしたちと利害が一致する関係なのです。

恋人を作るために・真面目な恋愛をするために・お友達をつくるために。そんなわけのわからない女の子の相手をしているヒマはありません。セックスのために、一直線に不倫人妻を攻略しましょう。

さて、不倫人妻を狙うからといって、不倫専用だの奥様出会いだのといった出会い系サイトに入会してはいけません。

世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりなのです。

そんな名前のサイトに普通の人妻が入会するはずがないのです。

それらはすべて、サクラしかいない絶対に出会えない出会い系サイトなのです。

普通の人妻が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

会員数は日本最大クラスです。住所も非常に細かくわかれているので、近所の人妻と出会うことができます。もちろん近所が不安でしたら、すこし離れた場所に住んでいる人妻をピンポイントで狙うこともできます。そういうところも大手出会い系サイトの魅力ですね。

ハッピーメール

日本で最大の会員数を誇るモンスター出会い系サイトです。日本一の出会い系サイトと言い切ってしまってもいいでしょう。それくらい定番で知名度の高いサイトですね。割合として人妻はそこまで多くはないのですが、それでも会員の絶対数が多いので不倫を求める人妻も多いです。コツとしては既婚にチェックをいれて検索して、自分は人妻との付きあい方を心得ている、というアピールをすれば安心してお股を広げてくれますよ。

ワクワクメール

ハッピーメールについで二番手の位置を確保しているのがワクワクメール。基本的な使い方はほとんど同じなので、ハピメを使ってきた人なら自然と使えますし、その逆もしかりです。ハピメと比べると何が違うかといえば、こちらのほうが若い女性がおおい印象ですね。20代の若妻も多いですし、人妻に飽きてきたら女子大生なんかに手を出してみるのも新鮮でいいですよ!

PCMAX

こちらも説明不要の定番サイトですね。PCMAXならではの特徴としては、写メコンという自撮り写真コンテストを公式が開催しているため、女性のプロフィール写真に自撮り画像が置いてある確率が高いことが挙げられます。やはり今の時代、顔写真を見せてくれない女性というのはかなり不安になりますからね。写真も見せられないほどのブスなのか?と勘ぐってしまいますが、PCMAXではその心配はありません。顔をキチンと確認してから出会えるというのは安心です!

欲求不満熟女を探してヌイてもらいました

欲求不満熟女を探してヌイてもらいました

出会い系サイトの掲示板に『癒し募集』といった内容で記載しました。すると52歳の女性からコメントをいただきました。掲示板の内容はエッチな内容にしておいたので、それを見てくれてるので僕がエッチ相手を探していることも知ってくれている様子です。

彼女はサイト自体初めてで、人の妻なのですが、普段にはなんの不満もないけれど、少し刺激がほしいということらしいです。サイトではまだ会ったことはなく、暇な時間もなかなか取りづらく少ししかないのだそう。正直イケるか、と不安でしたが、仕事で彼女の住んでるところを近く通ったので、そのタイミングでメッセージしてみると、たまたまこのサイトを見ていたようで、近くにいたら少し会ってみたいと言われ近くで待ち合わせることになりました。

大型のショッピングセンターの駐車場で待ち合わせしました。隣に黒塗りのスポーツカーが隣に止まり、僕の車に乗り込んで来ました。スタイルの良い女性で、ショートヘアーが素敵な彼女でした。初めてなので何を話したらいいか緊張していた様子でした。

普段のこと、旦那のことなどを話すと次第に打ち解け、車か小さかったので肌がふれあいました。そうしたら突然向こうから抱きつかれ、「このままどっか連れてってほしい」とお願いされたので、そのままホテルへ直行しました。

ホテルで彼女はそれまでとは違い積極的に誘ってきました。本当に人が変わったかのようにいらやしい手つきでチンポを舐めてきたり、本当にエッチなことをしてきました。騎乗位で僕のチンポをはめながら、電マを自分でクリトリスに当てて、何度も激しく腰をふり、僕がイキそうになると、「イッちゃうの…?イッちゃうのぉ?…もぅ、、、まだダメよ」といらやしい声で何度も焦らされ責めてきました。

薄暗い部屋が余計に興奮させ、なんとも言えない人妻の肉つきがたまらなく、妖艶でした。我慢できず、思わず中出ししたいと、強く思いドバドバのの精子を彼女に注ぎました。彼女も電マをクリトリスに押し付けながら潮吹きしながら乱れ、2回ほどイッていました。

すごくよかった、とそのあとは何度もキスをしてその場限りの愛を育みました。しかし、お昼間に家を抜け出してきただけあって、帰らなきゃいけないと言うことで、あまりイチャイチャできる時間なかったので終わったらすぐにホテルを出ましたが、そんな簡単に人が変わるか、というくらい人妻の顔に戻っていました。

また元の場所に送るとショッピングセンターで買い物していくと、颯爽と帰っていきました。夕方メールをみてみると、「こんなことして結構恥ずかしかったけれど、いい思い出になりました、ありがとう」と送った後にはメールをいただきました。たった一回のセックスでしたが、少し甘酸っぱい思い出をくれたような気がします。

出会い系サイトで人妻が攻略しやすい理由とは

人間の生活に必要なものは多く存在しています。しかし、多くの人間が知らない世界がここにはあります。特に刺激を求めて生活をする場合、出会い系サイトの利用というのは基本です。ここには人妻などの魅力的な相手が常に存在しています。

そういった相手は様々な家庭環境で困っており、誰かに助けなどを求めているのです。そこで男性が出会い系サイトを使って実際に会うのです。人妻と出会うことは男性側にだけメリットのあるものではないです。

実際には人妻も異なった男性を知ることで、新しい人生観などを見ることができるのです。そして、その出会いの最も楽な手段として今のインターネットサイトなどが利用されています。

出会い系サイトでの人気ジャンルが人妻です。その影響力は極めて大きく、日本では人妻の出会い系サイトが拡大しています。その中には手軽に出会えるサイトや、更にジャンルを絞った内容があります。

そして、ここでは地域などを設定して探している人妻を発見できます。当然のように、今は出会い系サイトの危険も少ないため、メリットの多い環境で出会いを体験できます。

そして、出会った後は自分の好きなように相手とコミュニケーションをしていくことができます。様々な現実を考えてみると、出会い系サイトを利用していない人間は損をしています。ここには人妻などの魅力的な女性が多く登録しているのが現実です。

人妻が出会い系サイトに登録しているのは、主に新しい生活を求めているためです。こういった人妻は基本的に男性にも積極的という特徴があります。また、少しの優しい言葉で男性に心を開くケースも多いです。それほど相手は疲れているので、ここは優しく接してあげるのが重要です。

人妻の攻略のテクニックは、相手によって最善の行動をすることです。実際に会った時も人妻の都合に合わせることで、その後の展開も成功しやすいのです。男性としては受けに回ることも時には重要です。人妻との出会いではそのコツが大きく関係していきます。

様々な出会い系サイトを見てみると、本当に人妻の数は多いと感じます。また、インターネットの広告にも人妻がお勧めという紹介があります。こういった現実が証明しているのは、人妻が出会いを求めていることです。

だからこそ、人妻は攻略しやすいのだと感じます。自分が出会いを求めている時、誰かに話しかけられるとその気になってしまいます。そういった感情を上手く使うのが人妻攻略の大きなポイントです。

50代熟女との思い出話

50代熟女との思い出話です。

その当時、わたしは年下の彼女と別れて、一人になっていました。年下の彼女は、浮気はするし、わがままだしで少し疲れていました。

年上の優しい女性に甘えたい……そんな想いが強くなってきました。一人でオナニーを重ねて、夜が本当に寂しかったのです。

そんな時に出会い系サイトをはじめました。

本当に年上の優しい女性に出会えるのか!?半信半疑で、不安なまま始めました。でも、期待で胸が膨らんでいました。

僕はドキドキしながら、女性を検索しました。すると30代、40代、50代と様々な年代の女性がいました。

50代の女性数人とメールのやり取りをしてみました。本当に年上の女性は優しくて、包み込む優しさがあります。

最初はどんな女性がいるのか、本当に出会えるのか、メールはちゃんと来るのかなどものすごい不安でした。

でも、年上女性は仕事の話を聞いてくれて、アドバイスをくれて、こんな僕を励まして、ほめてくれました。

もう僕は年上女性の魅力にどっぷりはまってしまい、いろいろな出会い系サイトにものめりこんでしまいました。メールを見ながら、オナニーするときもありました。

仲良くしてくれる人の中で、50歳のOLさんがいました。彼女も独身で、一人の夜がさみしいと言っていました。ものすごく共感して、一緒に寂しさをあたため合いたいと思うようになりました。

僕は勇気をだして「夜会いたい」とメールしました。すると「私も勇気出すね。すごくあなたに会いたい」と言ってくれたのです。

メールを見ながらオナニーしている時は、まさか会えるなんて思っていませんでしたが、相手も同じ気持ちだったのがすごくうれしかったです。

ファッションビルの前で待ち合わせをして、待っている時本当に来てくれるのかまだ信じられなくて、心臓がはちきれそうでした。

でも彼女は、来てくれました。50歳の大人の女性らしくタイトなスカートにジャケット、中は真っ白なぴったりなキャミを着ていました。

綺麗な形のお尻はプリッとしていて、胸ははち切れそうで、谷間がくっきり出ていました。僕は、股間が膨らむのを我慢していました。

すると彼女は、くすっと笑って、僕のズボンのちん○の形を指でつーっとなぞりました。僕はびくんとしてしまい、恥ずかしくなりました。

「ホテルにいこうか?^^」と彼女は言ってくれました。「本当に、い・い・いいんですか!?僕なんかと・・・!」「私は、僕がいいの^^」

二人で腕を組みながらホテルに行きました。部屋に入ると、彼女は優しいキスをしてくれました。

僕はそのキスで、理性が吹っ飛び、彼女の胸をモミながら、ディープキスしました。ちゅぱちゅぱといやらしい音が響いて、股間がはちきれそうでした。

ズボンをおろし、もどかしいパンツも脱ぎ捨てました。すでに先っぽから汁がでていました。

すると彼女は、「私も濡れてる・・・一緒だね^^」と優しい笑顔をしてくれました。そして僕の手を彼女の股間に導いてくれました。

すごいぬれぬれで、僕も余計に汁がでてきました。その後、優しくフェラをしてくれて、我慢できなくなった僕は、彼女のおまん○にゆっくりと入れました。

「あ~っ」すごい気持ちよかったです。ゆっくりと動かしていき、パンパンと音が響くようになると彼女もものすごい感じて、腰を振ってくれました。

正常位から、乳首を舐めながらつまみながらの騎乗位をして、最後バックで激しく中をこすりあげました。僕は、彼女のお尻に精子を沢山だしました。
彼女もびくっびくと体を震わせていました。一緒にイッたのは初めてでした。

まさか、出会い系サイトを最初利用した時は、素敵な女性とこんなに激しいSEXが出来るなんて思ってもみませんでした。

出会い系を迷いながら始めて、どっぷりはまって、そして快感のSEXへとたどり着くことが出来ました。

熟女をゲットした体験談

熟女をゲットした体験談をまとめました。わたしのつまらない体験をごらんください。

もっとたくさん体験談を読みたい場合は、出会い系サイト成功体験談 がおすすめです。

50代熟女キャディーさん

出会い系サイト知り合った人妻でキャディーをしているSさん。仕事柄たくさんの出会いがあるはずなのに、どうしてサイトをしているのか初めは不思議でした。何度かメールで会話をして打ち解けてきた頃、気になっていたその疑問を聞いてみました。

聞くところによると、出会いは確かに多く、おじ様達から誘われることも良くあるようです。でもゴルフは大会やコンペなどそのゴルフ場を利用するお客さんもたくさんいるにもかかわらず、どこで横のつながりがあるかわからない事もあり、うかつにお客さんと付き合ったりは出来ないようでした。

その後数回のメールのやり取りの末、こっそり会うことになりました。食事をしながら仕事の話をする中で、ゴルフ場にくるお客さんの話になり、手帳を見せてもらいました。

結構知っている会社名や人も出てくるもので、秘密情報も手に入れたりも出来ました。今でもたまに会うたびに情報を交換し、お互いの仕事に役立てています。

ここでの出会いが仕事に活かせる出会いになるなんて想像もしていませんでした。これからもいい関係を続けていきたいと思います。

メールから出会いまで衝撃の展開続きでエキサイトしながら魅了されていきました。

何の変哲もない平凡な日々が続きストレスも溜まっている中、出会い系サイトに登録し出会いを求めました。理想は同世代か年上で少し甘えさせてくれそうな方でした。いくつかのメールをやりとりしていく中で少し古風的な内容をいつもくれる方がいたので気になっていたのですが歳が5つ上で理想の範囲内でしたのでこの方に絞り中身を濃くしながら交流を深めていけたらと思っていました。

文章がとても綺麗で上品そうな方でしたので何をされているのかを問うと表具師をしているとの事でした。中々縁がない世界なので更に魅了されてしまいメールを続けて1ヶ月あまり出会う機会が訪れました。待ち合わせ場所に約束通りきてきれまして出会う事が出来たのですが、彼女はイメージ通り古風で何と着物を召してこられました。こちらは仕事帰りのスーツ姿だったので少し助かりましたがラフな格好だったら全く釣り合わない所でした。

表具師は先祖代々引き継いでいるみたいで彼女もその中の1人になったみたいでした。いつも人に会う時は着物らしくその姿が初めて見る自分にもよく似合っていました。比較的時間もとれるようでしたので週に1.2回は会う事が出来普通のデートが出来るまでになりましたが1回目のデートは博物館で掛け軸を見て回るものでした。

さつまいも農家の彼女との出会い

都内で産まれ育った私に転機が訪れたのは、28歳の時でした。転勤で親戚も友人も一人もいない四国に異動することになりました。

ちょうど長く付き合っていた彼女がいたのでこのタイミングでと思い、プロポーズをしたのですが「田舎には住めない」とまさかの断られるという結果になりました。

傷心のまま知らない土地での生活は大変で、娯楽施設や繁華街のない田舎では仕事と家を往復の毎日でした。

そんな時に出会い系サイトを知り、登録してみました。出会いが全くなかったので近くの子がいればと思い探してみるとさつまいも農家で働く彼女に出会いました。

連絡や写メを交換していると、とても素直で素朴な子でした。彼女もまた出会いが全くないので登録したとのことでした。食事に誘うと最初は戸惑っていましたが、OKしてくれて食事にいきました。

普段はさつまいも畑で仕事をしている為、50歳というのに体は元気。田舎から一度も出たことがないので何をするにも少女のように喜んでくれ、癒されます。こんな経験は初めてなので、大切にしていきたいと思える出会いでした。

50大熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

50大熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。

50大熟女に実際に会ったら?

実際に会った時は視線に気をつけてください。

男性の多くは女性の胸元などに視線がいってしまうそうですが、仲の良い人なら「どこ見てるの?」と笑いながら注意することができますが、初対面の男性が同じような視線を向けてくると、体目当てに近づいてきたかのような印象を持ってしまうので、警戒されてしまいます。特にチラチラ見てしまうと、より怪しく感じてしまいます。

絶対に見ないというのは難しいと思いますが、一緒にいる時はできるだけ相手の目や口元などを見るように意識するのが良いと思います。

よく就職活動の時には相手のネクタイを見るように言われますが、女性の場合はすぐ下が胸元になってしまうのでダメです。「目は口ほどにものを言う」という言葉そのものです。楽しそうに笑顔で相手の目を見ることができたら、口下手でも好印象です。

清潔感

それから、会った時には清潔感も大切。

女性の多くの人は、男性に対して、清潔感のある人に好感を持っています。それは、いくらかっこいいとおもう男性が、不潔であると思うと、いくら好きでも、嫌になってしまうことがあるのです。

そのことからも、初対面の女性に好感を持ってもらうためには、清潔感のある服装や、身なりを整えることが大切と思います。

その清潔感があるというのは、その人にとって無理をすることではなく、服装がおしゃれでなくても好感を持つことができます。

そのため、ヒゲをきれいに剃っていることや、汚れていない服装や靴を履くといった、基本的に大切な事を、しっかりと行える男性に、安心感を持つことが出来るので、その結果、好感を持つことにつながると思っています。

熟女ブームってほんとにきてるの?

昨今、毎年のように熟女ブーム熟女ブームと言われていますが、本当なのでしょうか?

たしかに熟女そのものの人気が上がっていることはたしかでしょう。でも私達が日々暮らしているような、実生活で実感する場面があるかといえば、それはほとんどないですよね。では、なぜこうも熟女ブームと言われるのか?

それは…残念ながら?広告代理店の戦略でしかありません。熟女ブームと言われているのなら、この私だって化粧やエステにこだわり、高い服を買えばもう一度女として見られるのかもしれない!という女心を刺激しているのです。こうして、旦那が汗水たらして稼いできたお金が熟女の見栄に使われて…日本経済が活性化するわけです(笑)

なので熟女が好き!という男性は実はそう多くありません。だれだってそうでしょう。若くて可愛い女の子が好きな男のほうが圧倒的に大いに決まっています。でも、熟女ブームという言葉に踊らされて「勘違いをしている熟女」というのはとても増えています。

そういった熟女たちはてっとりばやくモテたいがために、出会い系を利用するわけです。ですが出会い系ではやっぱり若い女の子が人気なわけで……。不良在庫として熟女が大量に売れ残っているケースが多いんです。

まさに、私達のような「真の熟女好き」にとっては最高のシチュエーションだと思いませんか?自分好みの熟女を選びたい放題のなかからより好みできるんですから。このブームが収束してしまう前の、今がまさにラストチャンスかもしれません。

受け入れてくれるのが熟女

50代熟女って、若い人とは違った感じのお付き合いが出来ますね。

すごく秘密な関係を味わえます。

色いろあると思うのですが、わたしが個人的に一番いいと思っているのが「甘えても許される」ことですね。

どうしても男性というのは普段、なかなか弱いところを見せることができません。

それを押し殺して我慢するのが男らしい…という風潮も確かに正しくはあるのですが

やはり一人の人間として、すべてをなげうって甘えたくなる時もあります。

それを受け入れてくれるのが熟女というわけですね。

セックスレスが長引くとオナニーでも我慢できないのは男も女も一緒ですね!

みなさんも、お金はあっても身体は満たされない、そんな発情マダムたちを満足させてあげて下さいね。

なんだかんだ50代熟女というのは、これまでに結構なセックスを経験しています。亀の甲より年の功というわけではありませんが…やはり長く生きていればそれだけいろんなセックスの機会がありますからね。

ですが、アブノーマルセックスまで手を出している熟女というのは意外なほど少ないものです。なにしろ、今現在40~50歳前後の年代の青春時代といえば、エロ本一つを買うのにも苦労したものです。アダルトビデオなんてものも普及してきたのは成人を過ぎてからですし、人がどんなセックスをしているかなんてのは想像するしかなかったものです。

しかし、いまではインターネットで検索するだけで画像も動画も見放題な時代です。当然、出会い系に登録しているような性欲旺盛な熟女たちもそれらをチェックしていることでしょう。私もこんなことをしてみたかった…そう思っている熟女というのは、実はとても多いのです。

せっかく熟女とのセックスをするなら、アブノーマルなセックスをおすすめしますよ。大人の話題として、どんなプレイに興味がある?と聞いてみましょう。驚くほど饒舌に語り出すかもしれませんよ。

50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

まず、第一に約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単にやぶられてしまうものなんです。特に若い子の世代では、そういった傾向が強いように感じます。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは…その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

それも、いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

お年寄り=機械に弱い、というのは確かに大多数がそうではありますが、中にはそうでない人もいるわけですね。出会い系を利用するだけなら何もスマホである必要はなく、昔ながらのガラケーでも十分に出会い系は利用できます。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの…。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら…と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、私だって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

不倫をするときは自作自演をすると万が一の時も安心

不倫をしていてもバレる人とバレない人がいます。遊び人の友人から絶対にバレない方法をいくつか教えてもらって実行した結果、本当にバレずに不倫続行しています。

その方法はまずはSNSで不倫相手と繋がらないことです。

SNSでやり取りをしてしまうと何らかの形でバレてしまう可能性が高いので極力浮気相手や不倫相手とは必要以上に繋がりを持たないことが大切になります。もし携帯を見られても不審に思われないように不倫相手の名前は男性の名前にしておいた方がよいかもしれません。

ダミーの女性を何人か作っておくのもよいです。今はフリーアドレスをいくつも入手することが出来ますから自作自演をたまにしておくのです。

奥さんがもし携帯を見たとしたら真っ先に女性とのやり取りのメールを見ると思います。その時の為にフリーアドレスから自分の携帯にメールを送っておいて内容も仕事の内容にしておけば怪しまれません。これはもし万が一携帯を見られてしまったときであって、極力家の中(奥さんの前)では携帯を弄らないようにしておくことが重要なポイントになります。

奥さんには仕事の時間を偽って終電近くまで仕事をしている設定にしておけば仕事後に不倫相手に会ってから帰ったとしても怪しまれることはありません。奥さんにそっけなかったり冷たかったりすると女性はカンが良いので気づく可能性が高いと言えます。ですから優しく接することを心掛けるようにすればまず不倫を疑いません。

既婚者として子を持つ親として賛否両論はあろうと思いますが、社会と言う戦場で 妻子を守るべく戦う以上、ビジネスマンとしての企業戦士の本能以外に、「男としての本能」が同時に発生することは否めないんですよね。

自分を古のことわざにある色を好む英雄だとは思わないが、男たるもの何時もオスの本能を抱えて生きているなあと実感することは多いんです。

若い女の子の開いた胸元、通勤電車のOLのヒップライン、雑誌のグラビア、 ネットのアダルトサイト…中年オヤジの「男」を刺激するものは世に溢れている。だから悩ましい……。

しかしながら、結婚し家庭を築き、社会的にも責任を持たなければならない状況では、残念ながら時間的にも経済的にも自分の中の「男」が活躍する余裕は それほどあるわけではありません。

だから、「男としての時間」は上手に使いましょう。失楽園のような深みにドップリ漬かった恋愛でなく、仕事関係の女性との飲み会や接点のようにフランクでもなく、家庭のリスクを背負わない何にも縛られない自由な「男としての時間」が欲しいんです。

そして、そんな願望を叶えるのに出会い系サイトってピッタリなんですよね。